楽天市場やYahoo!ショッピングよりAmazonがお得な理由

今や通販でお買い物するのはごく普通のことになりました。
品揃えが街のお店より良いことに加え、街のお店で買うより安いことも多く、さらに家まで運んでくれるのですから、ついポチっとしてしまいますよね。

ところでどこの通販サイトをよく利用しますか?
おそらく楽天市場とAmazonの人気が高く、そのあとをYahoo!ショッピングが追いかけけている展開でしょう。
楽天市場とYahoo!ショッピングはともにポイント還元率が高く、楽天ポイントとTポイントのどちらを中心に貯めているかで利用が分かれるのではないでしょうか。
それに対してAmazonは送料無料やプライム会員の特典など、他の通販サイトとは違った展開を行っています。

このページではAmazonをかしこく利用する方法を見ていきたいと思います。

Amazonが勝る点と劣る点

ここではAmazonが楽天市場やYahoo!ショッピングに勝る点や劣る点を見ていきます。
おそらく誰でも知っていることだと思いますが、おさらいといった感じで見直してください。

Amazonは送料がお得

楽天市場やYahoo!ショッピングと同じように、AmazonにもマーケットプレイスといってAmazon以外が出品者となって販売を行っているケースも多くあります。
マーケットプレイスでは出品者によって送料の設定はまちまちですが、Amazon自身が販売するもの以外でも、Amazonが発送する商品についてはプライム会員でなくても2000円以上の購入で送料は無料となります。
5000円とか10000円以上で送料無料となる店舗が多いので、2000円以上で無料になるAmazonはやはり送料がお得だといえますね。

さらに、文房具とTシャツと単行本といったように、楽天市場やYahoo!ショッピングでは別々の店で買わなければいけないので、送料はそれぞれの品物に対してかかることになります。
(送料無料の商品もありますが)
ところがAmazonならば、文房具とTシャツと単行本といったバラバラの品物を買う場合でも、Amazonが発送する商品ならば合算で2000円を超えれば送料無料です。
品物1点ずつを見れば楽天市場やYahoo!ショッピングの方が安い場合でも、送料を足した場合にはAmazonのほうが安くなることが多いのです。

 ポイントは楽天市場やYahoo!ショッピングが上です

ポイントに関してはAmazonは完全に劣っています。楽天市場では100円毎に楽天ポイントが1ポイント付与、Yahoo!ショッピングでは100円毎にTポイントが1ポイント付与されます。
楽天カードやYahoo! JAPANカードを使用するなど、条件によっては付与されるポイントがどんどん上がっていきます。
これに対してAmazonでのポイントはファッションを中心に10%が付与されますが、付与されない商品の方がかなり多い。同じものを買うならば、Amazonより楽天市場やYahoo!ショッピングの方がはるかにポイントが貯まります。

ファッションは弱いが実用品は強いAmazon

Amazonでポイントが付く分野はファッションやファッション小物、カバン、国産腕時計、本などですが、国産腕時計や本をのぞくポイント付与対象品の品ぞろえは弱いです。衣服やカバンなどに加え、食料品やスポーツ用品などは楽天市場やYahoo!ショッピングの方がはるかに品ぞろえが充実しています。

それに対してパソコンやオフィス商品をはじめ家庭内で使用する物はAmazonのほうが充実しています。ゲームソフトも意外と充実していますし、楽天市場やYahoo!ショッピングより安かったりもします。
また元々本屋さんのイメージが強かったAmazonですので、本や雑誌の品ぞろえはなかなかのものです。

実際にこのように使い分けて利用している方が多いと思います。
かしこく通販サイトを使い分ければお得に利用できますよ。

Amazonをお得に利用するには

楽天市場やYahoo!ショッピングに比べてポイント制度では完全に負けているAmazonですが、そんなAmazonを少しでもお得に利用する方法を調べてみました。

ポイントモールを経由する

面倒くさくて、ついそのままAmazonへ行っちゃう方が多いのですが、少しの手間で大きく異なるのがポイントサイトを経由することです。クレジットカードの多くはポイントサイトを設けており、ここを経由するだけでクレジットカードのポイントが増えるのです。

MUFGカードやNICOSカードならばPOINT名人.comを経由すればポイント2倍
イオンカードはときめきポイントTOWNを経由すればポイント2倍
JCBカードはOkiDokiランドを経由すればポイント2倍 など

お手持ちのクレジットカードのポイントサイトでAmazonがあれば、忘れず経由してからお買い物しましょう♪

Amazonギフト券を利用する

コンビニやスーパーの店頭で、プラスチックカードタイプが吊るされているのを見たことがあると思います。プラスチックカードタイプのほかにもさまざまな種類のAmazonギフト券が用意されていますが、ギフトと名前が付いていますが自分使いのために購入する方のほうが多いようです。

Amazonギフト券にはチャージタイプというものがあります。クレジットカードでチャージするほか、電子マネー・・ATM・ネットバンキングでのチャージが可能です。このうち、・ATM・ネットバンキングでチャージした場合にはチャージ額に応じてAmazonポイントが付与されます。

出典:Amazon.co.jp: Amazonチャージ ギフト券を現金チャージで最大2.5%ポイント: ギフト券

チャージをすればポイントが付与されるのでお得なのですが、ATMやネットバンキングでは当然現金決済ですし、コンビニも基本的に現金での支払いに限定されてしまいます。

ただし、セブンイレブンだけは別でnanacoでの支払いが可能です。
そしてnanacoは一部のクレジットカードでチャージも可能です。
還元率が高くてnanacoのチャージができるクレジットカードを用いれば、Amazonポイントとの二重取りが可能になるのですよ。(ただし、nanacoへのポイントは付与されません)
手間はかかりますが、お得にAmazonを利用するには良い方法ではないでしょうか。

楽天Edyで支払う

Amazonをが出品する商品を中心に電子マネーでの決済が可能です。Amazonで使用できる電子マネーは楽天Edy・Suica・iD・JCB PREMOです。
この中で当サイトでは楽天Edy決済をおすすめしています。

楽天Edyは一部のクレジットカードでのチャージも可能で、カードによっては通常のお買い物と同じポイントが付与されます。そして楽天Edyは200円のお買い物ごとに1ポイントが貯まります。
クレジットカードのポイント還元率が1%ならば、楽天Edyの利用ポイントと合わせて1.5%になります。楽天Edyのポイントは楽天スーパーポイントなのですが、おサイフケータイならばANAマイルやPontaなどポイントサービスを選ぶことができます。
さらにおサイフケータイの場合は、貯まった楽天スーパーポイントをEdyに交換することもできます。楽天市場でお買い物してスーパーポイントを貯めて、Edyに交換してAmazonでお買い物なんていう使い方もできますよ。

いかがでしたか。
ご紹介したAmazonをお得に利用する方法には、ほかにAmazon Mastercardの利用でプライム会員ならば2%、非会員ならば1.5%のAmazonポイントの還元とうものもあります。
ご自身に合った方法でもっとAmazonをお得に利用しちゃいましょう。