電子マネーのおすすめはこれです!利便性から考えたうえでの結論です

コンビニでお買物するときって今でも現金で支払う人の方が多いですね。お財布の中から小銭を探すのって面倒だし、後ろに並ばれていたらちょっと焦ってしまうし。
クレジットカードでの支払いもできるのですが、おにぎりを1個だけ買う時にクレジットカードって出しにくいのも事実です。そこで素早く決済できて、少額のお買物の時でも利用しやすい電子マネーはどうでしょうか。

何となく電子マネーって危なそうとか、導入するのが面倒くさそうって思われがちです。そもそも電子マネーってなに?という方も多いですよね。
クレジットカードより安全で簡単に決済ができる電子マネー。今回は非接触型決済の電子マネーの比較を簡単に説明していきます。

電子マネーっていったい何?

電子マネーっていったい何?と思っている人も多いですね。
ポストペイと言って後払いタイプもありますが、多くはプリペイド式と言って先にチャージしておきます。そのチャージした金額の範囲でお買い物できるものです。
電子的なやりとりを読み取り機に近付けるだけで行い、瞬時に決済ができます。特に小銭が必要な場面では現金よりスマートにお買物ができ、クレジットカードとは違い少額決済に向いています。
日常のお買物や電車・バスでの利用を飛躍的に便利したのが電子マネーです。

なお話題のビットコインやネムといった仮想通貨とは違い、電子マネーを日本国内で使う場合は日本円でチャージします。仮想通貨は日本円をビットコインなどに両替します。
電子マネーは日本円でチャージした金額そのまま使うことができます。
これに対して仮想通貨は日本円に両替した時に増えることもあれば減ることもあります。
金額の安定性でいえば電子マネーの優位性がはるかに上だといえるでしょう。

カードとアプリ

電子マネーはカードタイプのものと、スマホや携帯電話のアプリタイプのものに大別できますが使用方法は全く同じで、お店でのお買物の決済時に読み取り機にかざすだけ。
ネットショップの場合はスマホや携帯電話のアプリから直接支払ったり、パソコンに接続したパソリという機器にかざして支払いができます。

主流はプリペイド式

事前に電子マネーにチャージした金額の範囲内で使うプリペイドタイプが主流で、一部に後払いとなるポストペイタイプがあります。
チャージにはお店などで現金をチャージする方法や、事前に登録したクレジットカードでチャージする方法が一般的です。

電子マネーは誰でも使用できる

クレジットカードは、あなたを信用することで信販会社が立て替え払いを行うものです。このために審査を行い、通過した人にだけクレジットカードを発行します。
これに対して電子マネーには審査はなく、子供でも使用できます。
クレジットカードではキャッシング枠の範囲内ならばいくらでも使うことができますが、電子マネーではチャージした金額の範囲内でしか利用できません。

安全性も良好です

お店で決済するときクレジットカードを店員に渡すのですが、その際にスキミングといって磁気ストライプに収められている情報を抜き出し、クローンのカードを作成して海外で使われるケースがあります。
電子マネーは自分で読み取り機にかざせばOKで、店員に渡さない分安全性が高まります。

従来の磁気テープ式のクレジットカードよりは安全性が高く、ICチップを搭載したクレジットカードよりは劣るといえます。

電子マネーの種類

電子マネーは多種多様なものが発行されています。

鉄道やバスの乗り降りに便利な交通系

Kitaca        JR北海道
Suica         JR東日本
PASMO       関東私鉄系
TOICA        JR東海
manaca      東海私鉄系
ICOCA        JR西日本
PiTaPa        関西私鉄系
SUGOCA     JR九州
nimoca       九州地区私鉄バス
はやかけん 福岡市交通局

が代表的な交通系電子マネーで、どの電子マネーを所持していても、それぞれのエリア内の交通が利用できる交通系ICカード全国相互利用サービスを展開しています。
このうち関西私鉄系のPiTaPaはポストペイ式、他の9種の電子マネーはプリペイド式となっています。
交通利用以外にも店舗での利用も可能で、非常に利便性が高い電子マネーとなっています。
スマホでも利用できるSuicaが抜きんでている印象が強いです。

SAPICA(札幌市交通局)・icsca(仙台市交通局)・odeca(気仙沼線・大船渡線BRT)・りゅーと(新潟交通)・PASPY(広島電鉄)・IruCa(高松琴平電電気鉄道)・くまモン(熊本地域振興ICカード)といった、地域での利用に便利な交通系電子マネーも発行されています。

さまざまな店舗で利用可能な一般系

楽天Edy
au WALLETプリペイドカード
iD
QUICPay

楽天Edyは2001年にEdyの名称で初めて全国展開が開始された電子マネーです。2017年9月現在で50万か所を超える利用可能場所を数え、Amazonや楽天市場でも使えるなど利便性はピカイチ。
au WALLETプリペイドカードはauユーザー限定ですが、マスターカードが利用できるお店ならば利用できるので利便性は相当高いです。
iDQUICPayはポストペイ式で意外と導入店舗も多いです。クレジットカードでのお買い物に感覚的には近いものとなっています。

特定のチェーン店での利用に便利な商業系

nanaco
waon

nanacoはセブンイレブン・イトーヨーカドー・西武そごう百貨店などセブン&アイHLDGSのほかガソリンスタンドなど、利用できる店舗が増加中。
waonはイオン・ダイエー・ミニストップの利用が多い方にはおすすめの電子マネーです。

どの電子マネーを選べばよいか

これだけたくさん電子マネーの種類があると、どれを選べばよいかは難しいですね。当サイトでは以下の基準で選ぶ方法を提案します。

鉄道やバスを利用する機会が多い方

鉄道やバスなどお住まいの地域の交通機関をよく使われるのでしたら、各地域の交通系電子マネーの利用が便利です。電車やバスに乗車するたびにポイントが付与されるなど、お得に利用できるためです。
ただしポイントが付与される条件として、各社が発行するクレジットカードによるオートチャージ設定が必要だったり、一定額以上の利用の場合など電子マネーによってさまざまな条件があります。

トータルの利便性で見た場合、対応している店舗の多さやスマホでも利用ができるSuicaがイチ押しです。

税金の支払いに電子マネーを使用する

税金をはじめ水道光熱費や通販の代金は、以前ならば銀行など金融機関の窓口で納めるのが一般的でしたが、いまではコンビニで支払う方のほうが多いのではないでしょうか。金融機関の窓口は平日の日中しか払い込めませんが、コンビニならば365日24時間いつでも払い込めますから。
ただし払込票での支払いはコンビニでも現金が原則。
そこでおすすめなのがnanacoクレジットカードでチャージして、セブンイレブンnanacoで支払う方法です。
セブンイレブンではnanacoによる収納代行決済が可能です。
そしてnanacoへのチャージをクレジットカードにすることで、クレジットカードのポイントをゲットすることが可能となるのです。(一部のクレジットカードのみ)
払込票による支払は、セブンイレブンでnanaco払いが一択となります。

注)ミニストップでwaonによる税金の支払い(収納代行)は2019年11月17日で終了します。

 毎日決まったお店でお買物するのなら

イトーヨーカドーなどセブン&アイHLDGSのお店を日常的に使うのならばnanaco
イオンやダイエーなどを日常的に利用する方はwaon
nanacoもwaonも利用額に応じたポイントが貯まるので、日常的によく利用する店舗に合わせて電子マネーを選べば間違いなし。毎日のお買物で上手にポイントを貯めたいですね。

総合的にみるとこの電子マネー

auユーザーならば、masterカードが利用できるお店で広く使えるau WALLETプリペイドカードの利便性は高いですね。
au WALLETプリペイドカードに似たようなカードにおさいふPontaがあります。こちらはチャージしておくことでJCBの加盟店で広く利用できます。誰でも利用できる分、au WALLETプリペイドカードより上を行きます。

iDやQUICPayはポストペイ(後払い)でクレジットカードと同じような使い勝手ですし、クレジットカードの利用限度額と同じなので、やや高いものでも購入しやすい反面、使いすぎてしまう点はマイナスです。

総合的にみるとやはりSuicaは電子マネーの上位に位置します。交通系ICカード全国相互利用サービスにより関東以外でも利用ができる点、全国的に利用できる店舗が多い点も評価できます。モバイルSuicaならばビューカード以外でもチャージができる点も高評価。

また楽天Edyも利用できる店舗数の多さ、Amazonや楽天市場でも利用できる点のほか、おサイフケータイで楽天Edyを利用すれば、楽天スーパーポイント以外にもTポイント・ANAマイルなど12種類のポイントサービスから好きなポイントを貯めることができます。

鉄道やバスを使うことが前提ならばSuicaモバイルSuica)、鉄道バスはあまり使わないし、特に決まったお店に行かないのならば楽天Edyを選んでおけば間違いはありません。