高速道路で出口を行きすぎた時や間違って入った時の慌てない対処法

降りる予定だった出口(インターチェンジ)を行きすぎてしまった。
高速道路に乗るつもりはなかったけど間違えて入口(インターチェンジ)のほうへ入ってしまった。

こういう時って慌ててしまってバックしたりUターンしがちですが、高速道路の本線上もインターチェンジへと続く道も一方通行ですから逆走はできませんし、決まりがどうのという前に超危険な行為です。
降りる予定だった出口を行きすぎたり、乗るつもりがなかったのに高速道路の入口へ入ってしまった場合の対処法を覚えておきましょう。

降りる予定だった出口を行きすぎたり分岐の方向を間違えた場合

ナビを頼りに運転していても、案内板を注視しながら運転していても、いつも降りる出口でも、ついうっかり行きすぎてしまうことってありますよね。
筆者は案内表示を見て確認できているのに分岐箇所で間違って違う方向へと進んだことがありますよ。

降りるべき出口を行きすぎた時、絶対やってはいけないことがバックすることです。
高速道路なのですから、後続車は100㎞/h程度で接近してくるのが当たり前の状態です。
そして、前からバックで走ってくる車両がいると考えながら走行している人は、高速道路を運転するドライバーにはほぼいないハズです。
あなただって前方からバックで走ってくる車両がいると思いながら高速道路上を運転はしませんよね?

なので行きすぎたからといって慌ててブレーキをかけて車両を止めてしまったり、バックして降りるべき出口に接近してはいけません
衝突の原因になり死傷事故を誘発する結果につながりますよ。

次の出口まで運転を続ける

降りるべき出口を通過してしまったり、高速道路の分岐を間違えて違う方向へと進んでしまった場合

・とりあえず次の出口まで運転を続けます。

・そして出口へと向かい、一般レーンへ入ります。

・一般レーンに入ったら係員に事情を説明しましょう。

ただ最近は無人の出口も多いですよね。

その場合はインターホンを押して同様に事情を説明しましょう。

一般レーンがETC出口と兼用の場合があります。

その場合は出口までの安全な場所などに車を止めて、ETCカードを抜いてから係員に説明またはインターホンを押してから同様に事情を説明します。

この際にどこの入口(インターチェンジ)から入り、どこの出口(インターチェンジ)へ向かおうとしていたのかが聞かれます。

そして係員に認められれば特別転回という措置を講じてもらえます。

係員の指示に従います

特別転回が認められると、この料金所への入り口が案内されます。
すぐに入口へ向かうことができる料金所もあれば、いったん一般道路の交差点まで出てUターンしないと入口へ行けない料金所もあります。
説明が終わると係員が料金所のバーを上げてくれますので、指示されたとおりに入口へ向かいます。

この時にETCカードが車載器に刺さったままであれば、抜いておくように指示されるはずです。
料金の精算が済んでいないETCカードが刺さったままで入口から入ろうとすれば、機械的に不正利用として扱われてしまう可能性が高くなるためです。

入口でも一般レーンへ入り、係員に申告またはインターホンを押して高速道路へと入ります。

高速道路に入ってからETCカードを車載器に差し込みます。

特別転回

特別転回とは、目的の出口を行きすぎた場合には本来降りるはずだった出口まで、分岐箇所で道を間違った場合には本来走るはずだった道路まで戻してもらえる措置です。

例えばAインターチェンジからBインターチェンジへ向かっていたのに行き過ぎて、次のCインターチェンジで行きすぎてしまったと申告します。
本来ならばAインターチェンジからCインターチェンジまでの料金と、CインターチェンジからBインターチェンジまでの料金が必要になるのですが、特別転回が認められればAインターチェンジからBインターチェンジまでの料金で戻ることができます。

意外と知られていない救済措置ですから、ぜひ覚えておきましょう。

注意点

インターチェンジの構造によっては特別転回の措置が受けられない可能性があります。
特にスマートICといって、ETCカードを使用した車だけが入出場できるインターチェンジではダメなようです。

ETCカードを抜かずにETCレーンや一般レーンとETCレーンの兼用レーンに入ると、その時点で精算されてしまい特別転回ができません。

間違えて高速道路に入ってしまった

一般道を走るつもりが、高速道路のインターチェンジへ入ってしまった。
道路標識の見誤りや、いつもとは行先が違うのに普段のクセで高速道路の入口のほうへ行ってしまう、こういったケースもありますよね。
高速道路の料金所・発券所へと続く道も一方通行であり、勝手な判断でバックしたりUターンすると事故を誘発する原因になってしまいます。

ETCカードを抜いて一般レーンへ

まずは一般レーンへ入っていき、インターホンで係員を呼び出して間違って入ってしまったことを申告します。
最近は一般レーンとETCレーンが兼用となっていることが多いですので、ETCカードを抜いておきましょう。
抜いておかないと流入入り口として記録されてしまいますから、後々面倒なことになってしまいます。

係員の指示や誘導に従って高速道路から出ていきます。

このケースでもインターチェンジの構造上の問題から出られない場合もありますし、そもそも無人のインターチェンジもあります。
この場合には高速道路に乗らざるを得ず、降りるインターチェンジまでの料金を請求されることがあります。

通行止めで目的地に行けないから出発地に戻りたい

事故や悪天候などによって通行止め区間が発生することも少なくありません。

「仕方がないから途中のインターチェンジで降りて一般道を走っていこう。」

という方もおられますが一方で

「まだ目的地は遠いから一般道を走っていくのは無理だし、今日は出発地に戻ろう。」

こういう方もおられます。

ほとんどの方は仕方がないとあきらめて、出発地と途中で走行をやめた区間の高速道路料金を支払いますよね。それも往復ともに。

実は高速道路の通行止めが原因で目的地に行くことをあきらめて出発地に戻るときには、通行料金を支払わなくても良いケースがあります。
これも「特別転回」のひとつで、上記の「降りる予定だった出口を行きすぎたり分岐の方向を間違えた場合」と同じ方法で、出発地に無料で戻ることができます。

当然ですが
高速道路の通行止めの際の措置です。
自己都合で出発地へ戻る場合には、正規の通行料金(往復)が必要です。

出発地に戻らず途中のインターチェンジで降りた場合

これも意外に多いケースかもしれません。

「目的地には高速道路の通行止めによって行けなくなったが、せっかくだから途中にある日帰り温泉にでも立ち寄ってから帰ろう。」

Aというインターチェンジから入ってDというインターチェンジで降りるつもりが、途中が通行止めになっているからCで特別転回させてもらってAへ引き返すつもりだった。
でもCとAの間のBに有名な温浴施設があるから行ってみよう。

A→→B→→C→×→D
A  B←←C

出発地Aに戻れば通行料金は無料ですが途中のBで降りました。
この場合の請求額はAからBまでの通行料金が必要となります。

まとめ

意外と知られていない高速道路の出口を行きすぎた時の救済措置や、通行止めのために出発地へ戻るときの救済措置。
特に出る予定だったインターチェンジを行きすぎた場合、あわてて本線上をバックしようとする人がいますが大変危険です。必ず次のインターチェンジまで行って特別転回の措置を受けましょう。