花粉症/眠くなりにくくて自分に合った市販薬を選ぶ

花粉症になったのかなと思ったら

自分は花粉症になんてならない、そう思っていたのにある日突然くしゃみと鼻水が止まらなくなった。花粉症はこのようにある日突然はじまります。そして一度花粉症になるとその治癒はかなり難しいやっかいな病気です。

まずは耳鼻咽喉科を受診することを考えましょう。専門家の立場からあなたに合ったお薬を処方してもらえるからです。

しかし花粉症のシーズンはどこの耳鼻咽喉科もかなり混雑していますし、時間的な理由で受診が難しいケースも多いことでしょう。そこでお近くのドラッグストアでお薬を購入することになるのですが、あまりにも種類がたくさんありすぎてどのお薬を選べばよいのかがかなり分かりにくいものです。

そこで花粉症に有効な市販薬を、分かりやすくご紹介していきます。

花粉症の薬はできるだけ効果が穏やかなものを

花粉症はアレルギーの一種で季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。一度かかってしまうとなかなか治らず年々症状がひどくなっていく人も多く見受けられます。さらに昨シーズン使用してよく効いたお薬が今シーズンはあまり効かないといった方も多いようで、お薬選びに困惑する原因の一つとなっています。ですのでいきなり効果が強く出るお薬を使うのではなく、あなたにとって効果が十分発揮されるお薬を見つけていくのが大事です。そのためにできるだけ効果が穏やかなお薬から使い始めるのが良いのです。

最近のお薬は比較的眠くなりにくい

市販薬の大半は抗ヒスタミン薬が配合されていますが、効果が強くなるほど眠気を催しやすくなるデメリットがありました。そこで効果はできるだけ同じ程度を保ちながら、眠くなりにくい抗ヒスタミン薬が開発されていきました。

眠くなりにくいとされる抗ヒスタミン薬を第二世代と呼び、それまでの抗ヒスタミン薬を第一世代と呼んだりしています。最近登場した市販薬の多くはこの第二世代の抗ヒスタミン薬を使用しているので、比較的眠くなりにくいといわれています。

ただし体質によっては、眠くなりにくいといわれる市販薬を服用しても眠気に襲われることは十分あり得ることですので、自動車や機械類の運転や操作には注意が必要です。

効果だけを追求すれば第一世代抗ヒスタミン薬

いまでも第一世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬は多く出回っています。たとえばパブロン鼻炎カプセルSαもその一つです。この薬は特に鼻水に対しての効果が抜群で、その効果の高さや即効性は市販薬の中でもトップクラスです。ただし眠気とともにノドの渇きといった副作用も出やすい薬です。

ストナリニSも第一世代に分類され、 鼻炎に対する効果の高さと眠気やノドの渇きといった副作用も同様です。

とにかく鼻水やくしゃみといった症状をすぐに抑えたいときには、これらの第一世代抗ヒスタミン薬配合のものを選ぶことになります。効果が高い分副作用も強く出ることを覚えておく必要があります。

第一世代抗ヒスタミン薬配合の代表的な市販薬

・パブロン鼻炎カプセルSα ・パブロン鼻炎速溶錠
・アネトンアルメディ鼻炎錠 ・新コンタック600プラス
・プレコール持続性鼻炎カプセルL ・コルゲンコーワ鼻炎ジェルカプセル
・ストナリニS ・エスタック鼻炎カプセル12

クロルフェニラミンマレイン酸塩は第一世代抗ヒスタミン薬を代表する成分で、今でも多くの市販薬に使用されています。マレイン酸が含まれていれば第一世代抗ヒスタミン薬であり、眠気に用心しなければならないと覚えておいても差し支えはありません。
睡眠改善薬のドリエルはマレイン酸ではありませんが、第一世代抗ヒスタミン薬の眠気を催す作用を利用したお薬なのですから。

ただし第一世代抗ヒスタミン薬を含んでいても、人によっては眠気やノドの渇きをあまり感じられない人もいますし、多くのお薬では眠くなりにくくするために無水カフェインを加えているものもあります。
それでも車など機械類の操作には支障が出ますし、集中力や判断力が鈍る場面も多くなります。それらを考慮の上で、とにかく早く鼻水やくしゃみを止めたい人にはこれらの薬をおすすめします。

効き目が穏やかな第二世代抗ヒスタミン薬

効き目が穏やかな分眠気にも襲われにくい、そんな特徴が第二世代抗ヒスタミン薬にはありますが、中には第一世代抗ヒスタミン薬と同等の効果と副作用の眠気に襲われる第二世代抗ヒスタミン薬含有の市販薬も存在します。
効き目が穏やかで眠気に襲われにくい代表格としてはアレグラFXとクラリチンEXがあります。テレビCMでもよく目にするのでご存知の方も多いでしょう。

アレグラFX



多くのアレルギー性鼻炎のお薬の注意書きには、車など機械類の操作については禁止や注意の記載があるのですが、このアレグラFXには記載がありません。それだけ眠くなりにくい成分でできているのです。
眠くならないということは集中力の持続にもつながりますから、仕事や勉強の際など誰でも服用しやすい薬だといえます。また空腹時でも服用できる点も便利です。
そしてアレグラFXには7歳から服用できるアレグラFXジュニアもラインアップされていますから、はじめての花粉症薬としてもピッタリです。

クラリチンEX

お近くのドラッグストアなどでお買い求めください

このクラリチンEXにも自動車の運転に関する注意書きがなく、眠くなりにくく集中力が途切れにくい点もアレグラFXと同じです。ただこちらは1日1回の服用でOKなので、面倒が少なくていいですね。
クラリチンFXの公式サイトにも記載されていますが、このお薬は症状が悪化する前の服用で最大の効果が発揮されます。悪くなってからの対処ではなく、アレルギーの症状が出る前に服用することでアレルギー反応を出にくくするのです。

アレグラFXもクラリチンEXも症状が悪くなってからではあまり効果を発揮しません。鼻がムズムズする段階での服用が効果的で、それだけ効き目も穏やかだということができるのです。

少し効果が強めの第二世代抗ヒスタミン薬

アレグラやクラリチンではあまり効果を感じない方もおられるでしょう。そこでもう少し効果が強いお薬を望まれる方向けのお薬です。ここでは眠気が起きにくい順番にご紹介しています。

アレジオン20



アルガード持続性鼻炎シールド24h



アレジオンもテレビCMでおなじみのお薬です。1日1回の服用でOKな点がいいですね。ただしアレジオンは注意書きに、乗物又は機械類の運転操作をしないでください(眠気等があらわれることがあります。)との記載があり、アレグラやクラリチンよりは眠気が起きやすいです。
車の運転は控えるべきですが、仕事や勉強の際に集中力が途切れるほどではありませんので、比較的誰もが使いやすいお薬といえるでしょう。

アルガード持続性鼻炎シールド24hはアレジオンと同じ成分です。アレジオンは錠剤、アルガード持続性鼻炎シールド24hはカプセルですので、服用しやすいほうをお選びください。

エバステルAL



眠気を感じる頻度は、アレジオンより若干高いという数値が添付文書にありますのでこの順位にしていますが、実際にはほぼ同程度のようです。効果もアレジオンとあまり変わらないようです。
アレジオンと同様に車の運転をしない範囲ならば、仕事や勉強の際に服用しても集中力の低下がみられにくいお薬です。

強い効果のある第二世代抗ヒスタミン薬

第二世代抗ヒスタミン薬は眠くなりにくいという特徴とともに、従来のアレルギー性鼻炎の市販薬に比べて効果が穏やかといった印象があります。ここでは効果が比較的強い第二世代の市販薬をご紹介します。

ストナリニZ



コンタック鼻炎Z



ストナリニZとコンタック鼻炎Zは全く同じ成分のお薬です。第二世代抗ヒスタミン薬の中では眠くなりやすい市販薬なのですが、従来の第一世代抗ヒスタミン薬に比べるとかなり改善されています。
でも車の運転はしないでください。
ノドの渇きや集中力の低下はあまり見られず、効果も高いお薬だといえます。
アレジオンでは物足りなく感じれば、次の選択肢はこの2つの市販薬になってきます。

ザジテンAL鼻炎カプセル



コンタック600ファースト



現在市販されている第二世代抗ヒスタミン薬配合のアレルギー性鼻炎のお薬としては、もっとも効果が強いお薬になります。また第一世代抗ヒスタミン薬よりノドの渇きは抑えられています。
眠気は第二世代抗ヒスタミン薬としてはかなり感じられる部類になりますが、第一世代と比べた場合には抑えられているといえます。
つまり眠気以外の副作用は相当抑えられており、ヒドイ花粉症などのアレルギー性鼻炎に悩んでいる方におススメです。

第二世代抗ヒスタミン薬

第二世代抗ヒスタミン薬は従来のアレルギー性鼻炎治療薬の欠点を改良し、眠気やノドの渇きを抑えることで服用しやすいお薬になっています。

ただし全体にいえることなのですが、第二世代抗ヒスタミン薬は鼻がムズムズしだした頃、つまり早めに服用することで効果を発揮するお薬です。
早めに服用することで、アレルギー反応が起こりにくい状態にしてくれるのです。このため毎年花粉症で悩まされている人は、まだ花粉症の症状が出ていないうちから第二世代抗ヒスタミン薬を服用すれば、薬の効果が最大限に発揮されて花粉症シーズンをやり過ごすことができるのです。

すでに鼻水もくしゃみもどうにもならないレベルに達している場合は、ご紹介した第二世代抗ヒスタミン薬では十分な効果が得られないことが多くなります。その場合には第一世代抗ヒスタミン薬の市販薬の服用を考慮してみましょう。

みなさんの薬選びに是非お役立てください。