花粉症/鼻水やくしゃみをすぐに止めてくれる市販薬

アレグラやクラリチンも良い薬です

アレグラやクラリチンといったテレビCMでもよく見かけるお薬は、眠気にも襲われにくく比較的穏やかに花粉症の諸症状を緩和してくれる本当に良い薬です。ただしこれらの薬は花粉症の症状が出始めの頃、または症状が出る前から服用することで最大限の効果を発揮します。
早めに服用することで、アレルギー反応を起こりにくくするためです。

しかし鼻水が止まらなくなってから、あるいはくしゃみが止まらなくなってから市販薬を購入して服用することが多いですよね。このような状態になってからアレグラやクラリチンといったお薬を服用しても、思っているほどの効果を得ることは難しい。
自分はひどい花粉症なのだと勘違いしてしまい、より効き目の強いお薬を買い求めることになるのです。

花粉症のお薬は大別すると2つに分けられる

市販されている花粉症(アレルギー性鼻炎)に効くお薬には、抗ヒスタミン薬が配合されています。抗ヒスタミン薬は眠気やノドの渇きを感じることが多く、この作用を利用したお薬に睡眠改善薬のドリエルがあるほどです。

ところが近年市販されるようになったお薬の中には、眠気やノドの渇きを抑えることができる抗ヒスタミン薬が配合されています。眠気やノドの渇きを抑えることができる抗ヒスタミン薬を第二世代と呼び、それ以前からある抗ヒスタミン薬を第一世代と呼んでいます。
ただ鼻水やくしゃみに対する即効性でいうと、いまでも第一世代のほうが効果がはるかに高いのです。
アレグラやクラリチンなどは第二世代の抗ヒスタミン薬が使われており、花粉症がひどくなってからの服用では効果を発揮しづらいのです。

アレグラやクラリチンは次のシーズンに

もしすでに鼻水やくしゃみがひどく、アレグラやクラリチンを服用してもあまり改善の兆しがみられない場合には、そのお薬は次の花粉症シーズンまで取っておきましょう。
春ならば天気予報などで花粉の話題に触れ出したらすぐに、他の季節の花粉症ならば鼻がムズムズしだしたらすぐに、取っておいたアレグラやクラリチンの服用を開始してください。そうすれば比較的症状が軽いまま花粉症シーズンを乗り切ることができるかもしれません。

そして今シーズンは、眠くなるかもしれませんが第一世代抗ヒスタミン薬配合のお薬を服用しましょう。

第一世代抗ヒスタミン薬

第二世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬が多く発売されるようになった今でも、眠気やノドの渇きに襲われやすいとされる第一世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬が発売され続けるのはなぜでしょう。

なんと言っても、鼻水やくしゃみといった花粉症の諸症状に対する効き目が早いからです。いますぐに鼻水を止めたいときには、第一世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬を服用すれば本当に早く止めてくれるのです。

眠気に関しては無水カフェインを配合して眠くなりにくいよう考えられてはいるのですが、服用後の自動車など機械類の操作はできません。また眠気のほかに集中力の低下を招きやすいです。自動車の運転をはじめ、事務作業や勉強をする際にも影響が出る可能性があります。

ノドの渇きですが、鼻水や唾液の分泌を抑えてしまう効果が第一世代抗ヒスタミン薬にあるためです。鼻水を止めるのとノドの渇きを招くのは同じ作用からきているのです。

ただ眠気やノドの渇きといった副作用は個人差が大きいため、第一世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬を服用すれば必ず起きるというものではありません。また逆に眠気が起きにくいとされる第二世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬(アレグラやクラリチンなど)を服用しても、眠気に襲われるという人もいます。

ここでは第一世代抗ヒスタミン薬配合の市販薬をご紹介していきます。

すぐに鼻水やくしゃみを止めたい

とにかくすぐに鼻水やくしゃみを止めたいときには、場所を選ばずどこでも服用できるこれらのお薬が最適です。

バブロン鼻炎速溶錠



ストナリニ・サット



コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール



パブロン鼻炎速溶錠とストナリニ・サットは口の中でサッと溶けて、即効で鼻水を止めてくれてます。そして水なしで服用できますから、常にカバンの中に入れておけば場所を選ばずに使用できる点もGOOD。
コルゲンコーワ鼻炎フィルムクールは薄いフィルム状のお薬で、財布や定期入れなどにも入れておけるサイズです。口の中で溶けてメントールの風味が広がりながら鼻水も素早く止めてくれます。

またバブロン鼻炎速溶錠は7歳から服用できますので、花粉症のお子さんにも使用できます。
ストナリニ・サットとコルゲンコーワ鼻炎フィルムクールは15歳未満は服用できません。

とにかく効果の強い薬がほしい

とにかく効果の強いお薬が欲しい、そんな方にはこちらのお薬を紹介します。

ストナリニS



パブロン鼻炎カプセルSα



アネトンアルメディ鼻炎錠



ストナリニSは胃で溶ける外層と、腸で溶ける内層に分かれていて、それぞれに有効成分(クロルフェニラミンマレイン酸塩)を配置することで長時間効果が続くお薬になっています。基本は1日2回で1回あたり1錠の服用ですが、長時間効果が持続するために1日1回でも十分な効果を感じる方もおられます。

パブロン鼻炎カプセルSαは1日2回で1回2カプセルを服用しますが、胃ですべて溶けるためにストナリニS以上の強い効果が期待できます。

アネトンアルメディ鼻炎錠は1日3回の服用で手間がかかるかもしれませんが、その分効果の強い鼻炎薬です。ノドの渇きが軽減されていますし、使いやすいお薬だといえます。

ストナリニSとパブロン鼻炎カプセルSαお薬は15歳未満は服用できませんが、パブロン鼻炎カプセルSαには子供用があります。
またアネトンアルメディ鼻炎錠は11歳以上ならば服用できます。

できるだけ効果が長く続くものがいい

先に挙げたストナリニS、パブロン鼻炎カプセルSαも効果が長く続くお薬です。ここではこれらのお薬ほど強い効き目ではないが、効果が持続するタイプのお薬をご紹介します。

新コンタック600プラス



エスタック鼻炎カプセル12



プレコール持続性鼻炎カプセルL



持続性を重視するならばこの3つになります。これら3つは早く溶ける顆粒と、ゆっくり溶ける顆粒の両方を配合することで、即効性と持続性を両立しています。有効成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩の含有量もストナリニSやパブロン鼻炎カプセルSαより少ないため、眠気についてもややマシだといえます。

またこれら3つの薬はともに7歳以上から服用できますので、花粉症に悩むお子さんにも使用できます。

これらの薬を服用するにあたって

アレグラやクラリチンに比べると、眠気が襲ってくる確率はどうしても上がってしまいます。中にはあまり眠気を感じない方もおられるのですが、眠気以外に集中力の低下を招くことがありますので、自動車など機械類の操作は絶対に避けてください。

しかしすぐに鼻水やくしゃみを止めたいときには、今回ご紹介した第一世代抗ヒスタミン薬が配合されているこれらの市販薬を使用するのがもっとも手軽で確実です。
お薬を上手に使ってつらい花粉症を乗り切りましょう。