家の中の花粉対策を徹底的に行って花粉症シーズンを乗り切りましょう

朝、目覚めるとすぐに鼻がもぞもぞとしてクシャミが出る。
中には夜中から鼻が詰まってしまって目が覚めてしまい、あまり眠れずに寝不足の毎日を送っている。
花粉症シーズンになるとこういった方が多くなります。閉め切った寝室で花粉症の症状が出るということは、家の中にかなりの量の花粉が舞い込んでいるという証拠です。

まずは快適に暮らせるように、家の中の花粉対策をしっかり行ってイヤな花粉症シーズンを乗り切っていきましょう。

外から室内へ花粉を入れさせないために

やはり基本は外から室内へ花粉が入ってこないようにすることです。しかし、花粉はさまざまなところに付着して室内へ入ってきたり、ほんの小さな隙間からも侵入してきます。
花粉の室内への侵入を許さないうえでは基本的なことになりますが、この基本さえ守っていれば相当量の花粉の侵入を防げることになります。

洗濯物は室内干しか乾燥機を使う

室外には大量の花粉が飛んでいることはご承知の通りですが、物干し竿ベランダの手すりの上には大量の花粉が積もっていることを認識しましょう。そして湿った洗濯物をその花粉の上に置いたり、飛んできた花粉がその洗濯物の上に降り注ぐと、花粉を抱きかかえたまま衣類が乾燥することで少々はたいても花粉を除去することが難しくなります。

同じ理由で布団を室外に干すのもやめましょう。
布団に付着した花粉を就寝時に吸いこむことが、寝起きの鼻もぞもぞとクシャミにつながっているのですから。
ですので花粉症の方がおられるご家族では、洗濯物やお布団のの室外干しはご法度なのです。

 外から家に入るときは念入りに花粉をはたき落とします

これも今や常識的な花粉症対策ですね。
洗濯物に付着して室内へ侵入する花粉と並び、外出先から戻った時に衣服に花粉を付着させて室内へ持ち込むことがやはり多いのです。

外出するときは花粉が付着しにくいツルツルとした生地で作られた衣服、ナイロンやポリエステル製のものを着用します。ウールやニットなどは花粉が生地の奥深くに潜り込みやすく、玄関前ではたいても取れずに室内へ持ち込むことになってしまいます。
眼鏡のほかに帽子を被って外出し、家に入る前に玄関前ですべてをはたいてから家に入ります。帽子を被っていないと、毛髪に花粉が付着して室内へ入ってきちゃいますよ。

また静電気防止スプレーを衣類に吹き付けてから外出するのも効果抜群です。静電気を抑えることができれば花粉が吸いつくように付着することがなくなりますし、手で軽くはたくだけで花粉は取れてしまいますから。

お部屋の換気に注意しましょう

花粉が飛び出す季節って少し暖かくなってきて気持ちが良いですから、本当は窓を全開にしてお部屋の空気を入れ替えたいものです。
でも窓を全開にして換気をすると、外にいるのと変わらないくらいに部屋の中が花粉であふれてしまいます。
換気をするならば、花粉があまり飛んでいない時間帯である深夜から早朝がもっとも良いのですが、さすがに防犯上の問題でお勧めはできません。

もっとも花粉の飛散量が多いのは夜明け前後11時から15時ごろ、日没前後といわれています。そこで換気は午前中に行います。
窓を全開にすると大量に花粉が侵入してきますから窓を開ける量は10㎝以下必ず網戸を閉めておき、さらにカーテンを閉めて室内への侵入量極力抑えるようにします。
またカーテンは花粉をキャッチするものを使えばより安心して換気できますよ。

そして人が出入りする玄関ベランダそば空気清浄機を置くことも効果的です。

室内の花粉を除去するには拭き掃除が一番です

花粉は空中を飛び続けることはなく、壁やカーテンに付着したり床に落下しています。床に落下した花粉は人の動きや、窓やドアの開閉によって再び舞い上がります。これを繰り返していくうちに花粉は徐々に崩れていき、花粉症の原因となるアレルゲンはかなり小さくなってしまい、人が吸い込みやすい状態となってしまうのです。

 花粉のお掃除は拭き掃除で除去

室内の花粉をお掃除するならば、まずはしぼった雑巾ウェットシートで拭き取ります。それもできれば、まだ家族が起きていないうちに。
人が動くと床に落ちた花粉は舞い上がってしまいますので、それでは拭き掃除の威力が半減してしまいます。
フロアワイパーにフロア用のウェットシートを付けてお掃除すれば、掃除機と違って音や振動を気にすることなく朝早くでもお掃除ができます。

そしてカーテンについた花粉も雑巾などで拭き取れば、花粉掃除の基本はOKです。
できれば壁やカーテンには静電気防止スプレー吹き付けておき、花粉が付着しないように予防をしておくことも大事ですよ。

掃除機で吸い取りたいとお考えの方も多いでしょうが、従来型の紙パック式の場合には花粉がこの紙パックをすり抜けてしまい、排気される空気と一緒に部屋にまき散らすことになります。もちろんサイクロン式で排気がきれいだといわれる掃除機ならば問題はないかもしれません。
しかし排気によって床に落ちていた花粉が舞い上がることにもなるので、花粉のお掃除には掃除機はあまり向いていないといわざるを得ません。

部屋の隅などのホコリに花粉が紛れ込んでいる

花粉は軽くて部屋の中を浮遊するのですが、浮遊しているのは花粉だけではなくホコリも一緒です。そしてホコリと一緒になり床へ落下し、軽いため風によって部屋の隅や家具の裏などに追いやられます。
テレビボードの裏のコード周りのホコリにも、花粉は紛れ込んでいるのです。
こちらはハンディモップなどで絡め取ってしまいましょう。

ホコリは花粉と同じくアレルゲンとなるものですから、こまめに掃除しておきたいところです。

人がいない部屋ならばサーキュレータ-と空気清浄機で花粉除去

花粉は自力では空中に舞い上がることはありません。人の動きやドアなどの開閉によって生じる空気の動きで舞い上がるのです。

これを利用して、サーキュレーターと空気清浄機で花粉を除去する方法もあります。
部屋の片隅に空気清浄機を置き、反対側にサーキュレーターを置きます。空気清浄機はほとんどがきれいな空気を上方向に出しますから、サーキュレーターはやや下向きにして動かします。
すると部屋の中を空気が循環するのですが、その際に床に落ちた花粉がサーキュレーターで空気清浄機の方へ飛ばされて吸い込まれる、というわけです。

特におすすめは空気清浄機をエアコンの下に配置し、エアコンは送風で運転します。部屋の対面ではサーキュレーターを動かすことでより空気の循環を生むことができ、花粉やホコリを空気清浄機でキャッチすることができるのです。



サーキュレーター+除湿機で衣類乾燥時間短縮
もちろんサーキュレーター単独でも使えるので1年中大活躍
アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 DDD-50E

寝室の花粉対策も忘れずに

朝起きた時に鼻がもぞもぞしたりクシャミが出るということは、寝室内に花粉が持ち込まれている証拠です。拭き掃除やサーキュレータ-と空気清浄機で花粉を除去しましょう。
布団や枕のシーツやカバーはマメに洗濯することで、付着した花粉を減少させられます。
また就寝前に寝室で空気清浄機を動かしておき、浮遊している花粉を除去しておくことも大事です。

いかがでしたか。
室内の花粉対策は何と言っても花粉を入れないこと。洗濯物や布団は外では干さない。外出するときは花粉が付きにくい衣服を着用し、家に入るときは花粉をはらい落とす。そして換気の際は時間帯や窓を開ける量に注意します。
それでも花粉は家に侵入してきますので、家族がまだ起きてこない朝のうちに拭き掃除で花粉を除去してしまいましょう。