頼んでもいない荷物が送りつけられた時の対処法を覚えておきましょう

2010年ごろから商品を無理やり送り付けておいて、代金を執拗に請求する悪質な事件が頻発しています。中にはAmazonの段ボール箱にそっくりな入れ物で送りつけてくる業者や、中国から発送してくるケースも多くなっています。
この「送り付け商法」のことを「ネガティブオプション」とも呼んでいます。
悪質な詐欺の一種である「送り付け商法」にはどのように対処すればよいのかを順に見ていきましょう。

基本は荷物を受け取らないこと

近年はAmazonや楽天市場で商品を購入し、郵便局や宅配業者が自宅など指定した場所へ運んでくれるという買い物スタイルが根付いてきました。ちょっとした小物でもサイトでショッピングを済ませてしまう人も多いことでしょう。

このように頻繁に自宅などへ荷物が運ばれてくる人も多いため、どこからの荷物で中身は何かを確認もせずにハンコを突いたりサインして荷物を受け取ってしまう方が多いですね。

送り付け商法から簡単に被害を免れる方法が、「どこからの荷物」で「中身が分かる物」で「身に覚えのある荷物以外は荷物を受け取らないことなのです。

身に覚えのない荷物ならば、宅配の担当者に受け取らない旨を申し出てください。
受け取りを拒否された荷物は、郵便局や宅配業者によって差出人へ返されることになります。

荷物を受け取らなければ「送り付け商法」は成立しないのですから。

郵便受けに配達された場合

郵便局には「レターパックライト」という商品があります。
A4サイズで厚さは3㎝まで重さは4㎏までの商品を送ることができ、さらに受領印をがいらない、つまりは郵便受けに配達されるものです。
これではいくら気をつけていても、勝手に受け取ってしまいますよね。
ゆうパック(小包)などと違い受領印が必要のない郵便物については、以下の要領で受取拒否とすることができます。

メモでも付箋でも何でもよいので、上記のように記入し押印した紙を郵便物の表面に貼り付けて、ポストへ投函または郵便局へ持参してください。

※受取拒絶や受取拒否と記載して、フルネームで署名または押印(シャチハタ可)します。

なお開封した郵便物は郵便局に対して受け取り拒否ができません



荷物を受け取った場合

先にも書きましたが、最近はAmazonや楽天市場などを利用して商品を宅配で運んでもらう購入方法がすっかり根付きました。
このために「どこからの荷物」で「中身は何か」を確認もせずに受け取ってしまうケースが非常に多くなっています。
これでは悪徳業者(詐欺グループ)の思うつぼです。

しかし同居している家族が何も知らずに受け取ることもありますし、宅配ボックスやマンションの管理人等が荷物を預かっているケースもあります。

ハンコを押したりサインして荷物を受け取った場合

受取人本人や家族などがハンコを押したりサインして荷物を受け取った場合、原則受取拒否はできません
ハンコを押したりサインをしたということは、その荷物はわたし宛のものであり確かに受け取りましたと郵便局や宅配業者に宣言しているわけです。
ただし受け取ってすぐの場合、郵便局ならば配送を受け持つ郵便局へ、宅配業者ならば管轄の配送センターへ相談することで受取拒否の扱いをしてもらえる可能性があります。
ただし開封していれば相談にも乗ってもらえないので、身に覚えのない荷物の開封は慎みましょう。

宅配ボックスに入れられていたり管理人等が受け取った場合

宅配ボックスに入れられていたり、マンションの管理人が預かってくれている場合には、すぐに配達をした郵便局や宅配業者に連絡して受取拒否の連絡をしてください。
職場で誰かが代理で受け取った場合や、入院している病院が代わりに受け取った場合も同様です。
この場合も開封していると受取拒否はできません。

代引きで商品を受け取った場合

ハンコを押したりサインをするだけでなく、代金引換の商品でお金を払って商品を受け取った場合ですが受取拒否はできません。
また郵便局や配送業者に対して商品代や代引き手数料の返還を求めても応じてはもらえません。

商品代の返還はその商品を差し出した人(業者)に対して行うことになります。

警察に被害を届け出て、商品代の返還は弁護士にお願いするしかないのですが、商品を差し出した人(業者)が見つからない限り難しいのが現状です。

身に覚えのない荷物を受け取って開封した場合

「何か買ったかな?」
そう思いながら開けてみたものの全く身に覚えのない商品だし、中には請求書が入っている。

“しまった、騙された!”

そう思っても開封してしまったし、やはり請求書記載の金額を払わなければいけないのか・・・

まず開封した場合は受取拒否の手続きをとることができません

しかし注文したのではなく勝手に送り付けられた場合には、売買契約が結ばれていないことになりますので、お金を支払う必要はありません。

だからといって捨ててしまったり、食べちゃったり、使用するとどうなるのか。

送り主である人(業者)が返還を求めた場合に対処ができず、結局は請求通りの金額を払う羽目になってしまいます。

開封したとしても中身を使ったり捨てたりすることなく、受け取ってから14日間はそのまま放置しておいてください。
15日目になれば捨てようが、食べようが、使おうが勝手にできるのです。

これは特定商取引法による規定で、受け取ってから14日を経過しても送り主が荷物を引き取らなければ、お金を払わずに自由に処分しても良いことになっているためです。

また開封してしまった場合には、各地にある消費者生活センターや警察の生活の安全に関する相談窓口である#9110に相談し、対処法を教えてもらうなどしましょう。

商品を受け取って14日を経過したことを証明する方法

郵便局や大手の宅配業者ならば、伝票番号を入力することで配達日時が分かります。これをプリントアウトすれば配達日の証明となります。

そして15日経過した日の新聞と届いた荷物を一緒に写メっておきます。
新聞は一面で日付が大きく印刷されている部分を利用します。
これが最も簡単な14日経過を証明する方法となります。
写メはいろいろな角度からたくさん撮っておくことをお勧めします。

その他の注意事項

・購入しない場合には〇日以内に返送、返送しなければ購入するものとみなす
・アンケートに答えたら勝手に商品が送られてきた
・購入の意思が無ければ申し出るようにとのダイレクトメールが来ていた

これらの文言があったとしても元々売買契約を結んでおらず、勝手に送り付けてきたものに対して代金の支払い義務はありません。
すべて無視でいいのです。

相手にこちらから電話をするようなことはやめてください。
勝手に送ってこられた荷物を引き取れと言えば、14日ではなく7日経過で自由に処分することもできるのですが・・・

開封していない場合には、荷物を着払いで送り主に送り返しても良いです。

中には繰り返し請求書などを送り付けてくる人(業者)もいますが、無視するか受取拒否を行えばOKです。

ただし開封した場合には
“購入の意思を示した”
と捉えられかねませんので、くれぐれも身に覚えのない商品の場合は開封しないでください。

広告