話題のQRコード決済などスマホ決済をはじめようとお考えの方へ

日本ではガラケーの時代からFeliCa方式による決済が普及しています。Edy(現 楽天Edy)をはじめQUICPay、iDなどの電子マネーのほかヨドバシカメラのゴールドポイントカードやTポイントなどのポイントカード、ANAやJAL、Suicaといった航空券・乗車券など多岐に広がっています。
ただandroidならば「おサイフケータイ」iPhoneならば「Apple Pay」対応の機種でなければ利用できない点がネックとなっています。

その反面いま話題のQRコード決済はスマホにアプリを入れることができれば利用ができるため、おサイフケータイやApple Payより手軽に利用できる点が大きなメリットです。

このページではQRコード決済や従来からあるFeliCa方式(おサイフケータイやApple Pay)によるスマホ決済をこれからはじめようと思っているあなたに、まずは「どういったもの」で「どうやって使うのか」という入口の部分を解説していきます。

FeliCa方式ならばかざすだけ

店舗に用意された端末にケータイをかざすだけで支払いが終了するFeliCa方式。
ガラケーやスマホにFeliCaチップが搭載されていれば利用が可能ですが、搭載機種の大半は日本製の端末で海外製の端末の多くには搭載されていませんでした。ところがiPhone7以降の端末からFeliCaチップが搭載されるようになり「Apple Pay」として利用が可能になりました。

ガラケーや日本製androidスマホ

ガラケーや日本製のandroidスマホの大半に搭載されているFeliCaチップのおかげで「おサイフケータイ」の機能が利用できます。
現在「おサイフケータイ」機能で利用できるサービスは

・電子マネー「楽天Edy」
・電子マネー「WAON」
・電子マネー「nanaco」
・モバイルSuica
・モバイル スターバックス カード
・iD
・QUICPay(クイックペイ)
・ANA SKiPサービス
・JALタッチ&ゴーサービス
・マクドナルド公式アプリ
・モバイルdポイントカード
・ゴールドポイントカード
・ローソンモバイルPonta
・東京ドーム TDモバイル2
・モバイルTカード
・ビックポイントケータイ
・モバイルクロネコメンバーズ
・ticket board
・札幌ドームチケットレスサービス らくスルー
(スマホサイフ)
(FeliCaポケットモバイル)

※端末によっては利用できないサービスがあります。

iDやQUICPayならばクレジットカードの代わりとしてチャージすることなく利用できますし、その他の電子マネーなどは電波さえ届けばスマホでいつでも簡単に登録したクレジットカードからチャージできます。
特にチャージ式の電子マネーやSuicaは使い過ぎの抑制にもつながり、クレジットカードを使うより金銭管理もしやすいです。

また財布の中でかさばる割にはすぐに取り出せないポイントカードがスマホ一つで一括管理できるので、ポイントカードを出さなきゃと慌てたり、出し忘れも防止できるのでかなり便利です。

iPhone7以降ならばApple Pay

「おサイフケータイ」の便利さに気づいた方の中には、androidからiPhoneへ移れない方も多かったかもしれません。「おサイフケータイ」ほど多くのサービスは利用できませんが、iPhone7以降の機種にはFeliCaチップが搭載されて「Apple Pay」が利用できるようになりました。

・iD
・QUICPay(クイックペイ)
・モバイルSuica

に対応しています。

「おサイフケータイ」に比べると対応サービスが少ないのは残念ですが、機種変更時のサービスの移行がメチャクチャ簡単なのも特徴です。
「おサイフケータイ」の場合はサービスごとに機種変更の手続きを行う必要があるのですが、「Apple Pay」は登録したクレジットカードの情報が4枚までなら自動で移行ができちゃいます。

Google Payって知ってますか?

電子マネー「楽天Edy」
電子マネー「WAON」
電子マネー「nanaco」
モバイルSuica
QUICPay(クイックペイ)
モバイルdポイントカード
モバイルTカード

以上が使用できるアプリで、登録したクレジットカードをQUICPayを通して利用できるようになっています。
androidスマホでFeliCaチップ搭載機種でのみ使えるGoogle Payなので、「おサイフケータイ」として利用するほうが便利かもしれません。

ただしGoogleですから今後素晴らしいサービスに発展していく可能性は十分にあります。

QRコード決済って何?

ここまで見てきたスマホ決済はスマホにFeliCaチップが搭載されていないと使うことができません。しかしQRコード決済はFeliCaチップ搭載の有無にかかわらず、アプリをインストールすることができるスマホならば何でもOK。
QRコード決済ならandroidでもiPhoneでもFeliCaチップの有無にかかわらず使用できること、すでに中国では広く浸透しておりインバウンドでの利用が考えられるなど、今後日本でも大きく広まっていく可能性を秘めています。

おもなQRコード決済アプリ

LINEペイ
LINEペイの特徴はプリペイド式といってあらかじめ銀行口座などからチャージして利用する方法と、登録したクレジットカードで後払いも使える点です。割り勘機能などもユニーク。

楽天ペイ
楽天会員情報に登録してあるクレジットカードからの支払いとなり、楽天らしく利用額に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。楽天スーパーポイントでの支払いも可能。楽天カードならばポイント2重取りができます。

Origami Pay
スマホのBluetoothを使い、お店の決済用のiPadと通信しての決済からQRコード決済に移行中。登録したクレジットカードでの支払いとなります。Origami Payの最大の特徴は提携店での割引率が大きいことです。

PayPay
ソフトバンクとヤフーによるQRコード決済。支払い方法はチャージ、Yahoo!マネー、クレジットカードが選べます。後発組ながらPayPay祭りのインパクトは大。

d払い
docomoの電話料金と一緒に支払う、またはクレジットカード決済により支払います。利用でdポイントがたまるほか、dポイントによる支払いも可能です。docomoユーザー以外も利用できます。

そのほかにもゆうちょのゆうちょPay、ファミリーマートのファミペイやメルカリのメルペイ、店舗が負担する手数料が安い銀行主導のpring(プリン)など、かなり多くのQRコード決済アプリがリリースされています。

なおセブンイレブンの7Payはセキュリティの甘さから撤退に追い込まれました。

よく利用する店舗がどの決済方法を導入しているか(導入するか)など、自分に合った決済アプリを選択する必要がありそうですね。

QRコード決済の使い方は?

・まずはスマホに利用したいQRコード決済のアプリをダウンロードします。

・PayPayの場合はダウンロードしたアプリを開き、電話番号と希望するパスワードを入力します。

・SMSのメッセージ内にある4桁の認証番号を入力すれば準備OKです。

・お店があなたが利用するQRコード決済に対応しているかを確認します。

・利用したいQRコード決済をお店に伝えます。「PayPayで支払います」

お店にQRコードの表示がある場合は、アプリでそのQRコードを読み取ります。
支払う金額をアプリに入力。
お店の方に確認してもらってから、アプリ内でタップして支払い完了。

または

アプリでQRコードやバーコードを表示させる。
お店の方がスキャンして支払い完了。

QRコード決済が利用できるお店はまだまだ増える?

FeliCaによる支払いの最大の特徴は、スマホをかざすだけで支払いが完了することです。
ただしそのためにはお店の側も機器を導入するなど、コストがかかる点から爆発的な広がりは期待できません。

ところがQRコード決済の場合はお店側の導入コストが大変安いため導入しやすい、中国では主力の決済方法となっているため、インバウンドの需要を取り込むために今後も導入が続くでしょう。

また消費増税後にはキャッシュレス決済を行うと期間限定でポイントが還元される予定があるなど、QRコード決済が拡大していく素地は十分あると言えるでしょう。