受験当日のお弁当は消化に良いものを!コンビニでも良いが注意点も

雑学

大学入学共通テストはとにかく時間が長く、とてもじゃないですがお昼ご飯を食べないと試験どころではないです。

また大学の試験だけではなく高校の入試でも、筆記試験のほかに面接がある場合にはお昼を挟むことがあります。

「コンビニで適当に買ってから受験会場に行くよ」

という受験生も多いのですが、できればお弁当を用意してあげて受験に向かう子供を応援してあげてほしいと思います。

そこで今回は受験当日におすすめのお弁当について見ていきたいと思います。

 

 

消化に良いお弁当が受験を制します

ちょっと大げさなタイトルを書いてみましたが、試験の時間が長く途中で昼食をとる必要がある場合にはお弁当ってかなり重要なのですよ。

消化に良いお弁当と聞くと、試験の最中にお腹が痛くならないようにとの配慮だなと思うわけですが、もちろんこれも正解です。

 

でももっと重要な意味があるのです。

 

消化に良い食材をとれば胃腸に負担がかかりにくいために、眠くなりにくいのです。

試験の途中で眠たくなって集中できなくなっては大変ですよね。

試験に向かう子供への最後の応援として、消化に良いお弁当をぜひ作ってもらいたいです。

 

 

お弁当に入れるおかずは何が良い?

消化に良く眠くなりにくい食材と言われてもピンと来ないかもしれません。

眠たくなるのは血糖値が上がるためでもありますし、これを避けるためには砂糖類が多く含まれたものや、でんぷんが多く含まれるイモ類避けるほうが良いかもしれません。

またから揚げやトンカツなどの揚げ物は、消化という面からみるとマイナスです。

 

一般的に良いと言われているものは

  • ご飯(白米が良い、玄米は消化という面からは良くはありません)
  • パン
  • 火を通した野菜
  • 脂身の少ない肉(豚肉で脂身の少ない部分が良い)
  • 煮魚
  • 卵焼きなど火を通した卵料理

新鮮な生野菜と言いたいところですが、消化という面からは良くはありません。

 

ご飯ってでんぷん質そのもので、血糖値も上がりやすく眠くなりやすいのですが、消化によくて腹持ちが良いですからね。

ご飯と火を通した野菜などの組み合わせてご飯のデメリット面を解消していくようにしましょう。

 

傷みにくい食材を選ぶ

お弁当で気を遣う点と言えば、食中毒などに至ることもある食材の傷みですね。

 

生野菜は消化という面からもおすすめできませんが、それ以上に菌が増殖しやすいことからも避けるべき食材となります。

十分に加熱されていないものをお弁当に入れれべきではありません。

肉・魚・卵はしっかりと火を通したものをお弁当に入れましょう。

 

また炊き込みご飯や混ぜご飯は、具材の汁気などによって意外と傷みやすいので要注意!

 

梅干し・しょうが・酢・カレー粉などは食材を傷みにくくしますので、お子さんが好きであればうまく生かしていきたいですね。

 

 

コンビニのお弁当はダメ?

コンビニのお弁当はダメかというと、そんなことはありません。

受験会場でコンビニで購入したお弁当のほか、おにぎりやサンドイッチなどを食べている方は大勢いらっしゃいます。

ひょっとするとお弁当を持参する方よりも、コンビニで買って来た人のほうが多いくらいかもしれません。

ただし注意点があります。

 

揚げ物が多く入っているお弁当はNG

コンビニ弁当の定番と言えば、から揚げ弁当やトンカツ弁当に代表されるように、揚げ物がメインで入っているお弁当です。

ただし受験当日のお弁当としてはNGです。

胃腸に負担がかかりやすく、さらに眠くなることが多いので避けるほうが良いです。

お弁当ならば和風のモノ、たとえば幕の内弁当がもっとも理にかなっているのです。

 

受験会場の周りでの購入はおすすめできません

多くの受験生がコンビニでお弁当類を購入するので、各店舗ともに通常より多くのお弁当を仕入れているとは思います。

だからといって欲しいお弁当を必ず購入できるとは限りませんし、だいたい受験会場周りのお店は大混雑していますからね。

 

ですので家の近くのコンビニとか、宿泊しているホテルの周辺のコンビニで買うほうが良いですよ。

落ち着いて選ぶことができますから。

 

おにぎりやサンドイッチ

私がもしもコンビニで受験当日のお昼ご飯を買うとしたら、おにぎりとかサンドイッチだけにしてしまいます。

なんといっても食べやすい!

 

ただし家からはスープジャーなどに味噌汁、スープ、シチューなどを入れて持参します。

受験って寒い日が多いですし、受験会場は人が多くてホコリっぽかったり空気が乾燥していることが多い。

そこで水筒に入れたお茶などとともに、スープジャーに入れた温かいものを口に入れるようにすれば、身も心も落ち着きますよ。

 

 

 

ホッとできる温かいお弁当

コンビニのお弁当を受験会場で温めることはまず不可能ですし、カップラーメンにお湯をと言ってもなかなか難しいかもしれません。

温かい食べ物ってホッとできると思いませんか?

それは受験生だって同じこと。

過酷な試験の合間に温かいお弁当を食べれば少し息をつくことができるし、午後からの試験ももっと頑張れるようになりますよ。

 

また受験シーズンの1~2月は一年のうちでもっとも寒い季節でもあります。

そこで温かいお弁当を持参できるランチジャーって良い選択になるのです。

試験当日ですしあまり大きなものではなく、小ぶりでスープなども持っていけるものが良いですね。

 

タイトルとURLをコピーしました