「行」「宛」「御中」「様」に担当印、返信用封筒のマナーを知ろう

ビジネスシーンでは頻繁にありますし、家庭でも申し込み用の返信封筒や手紙に出くわすことって意外と多いですよね。その多くの宛先の最後には「行」「宛」といった文字があります。担当者の名前が入っているものもありますし、最近よく目にしますが宛先の横に担当者の印が押されていることもあります。
「行」や「宛」の文字をそのままに送り返したりしていませんか?
ここでは正しい「消し方」と「書き加え」について見ていきましょう。

「行」や「宛」などの文字は二重線で消します

返信用の封筒やはがきなどには宛先があらかじめ印字されていて、会社名・担当部署や担当者名のあとには「行」「宛」のほか「係」といった文字が入っています。
返信するほうにすれば最初から「様」って印字していればいいのにとは思いますが、差し出すほうにすれば自分のところに返ってくる封筒やはがきに、自分で「様」と印字しちゃうのも変ですよね。
そこで「行」「宛」などの文字を消して、相手に失礼が無いように「様」や「御中」といった文字を書き加えます。
消すときは二重線を引いて消します、またものさしなどを使って真っすぐに線を引くようにします。

「御中」ってなに?

御中は「おんちゅう」と読みます。
担当者個人への返信には「様」を用いますが、会社や担当部署宛の場合には「御中」を用います。
「御中」は会社など「団体・組織の中の人」へという意味を持っており、特定の担当者や個人ではなく会社や担当部署に宛てた宛先に用います。言ってみればその担当部署の誰が開封しても問題がないという意味にも取れるのです。

文字を消す二重線は横?縦?斜め?

基本的には文字の流れに沿って、縦書きの場合は縦に二重線、横額の際には横に二重線を引いて文字を消します。
ただし「行」という文字に縦や横の二重線を引いた場合、消していることが分かりづらくなる場合があります。特に細字のボールペンを用いた場合に分かりづらくなります。

このため斜めの二重線でも特に問題はありません。

「様」や「御中」を書き加える場所について

「行」や「宛」などの文字を二重線で消した後、「様」や「御中」といった文字を書き加えるわけですが、縦書きの場合は字の流れに沿って二重線で消した文字の下、または二重線で消した文字の左側に書き加えます。

横書きの場合も文字の流れに沿って二重線で消した文字の右側、または二重線で消した文字の下に書き加えます。

担当者の印が押されている場合

返信用の封筒の宛先に会社や役所などの団体や所属名の下に「行」の文字とともに、担当者を表す印が押されているケースも多いですね。

この場合ですが印は担当者名を表すわけですから、印の後に「様」と入れるようにします。
くれぐれも印を消して担当者名を書き直したりはしないでください。

また「行」の文字は二重線を引いて消しておきます。
そして「御中」の文字は書き加えてはいけません。
先ほども説明した通り「御中」は会社・役所や担当部署の誰が開封しても良い場合を意味しています。この場合には印の方が担当者だと分かりますので「御中」の文字は必要ありません。



ここからは例を示しています

横書きの返信封筒で担当者名や印がない場合

 

「行」を横の二重線または斜めの二重線で消し、「御中」は「行」の横または下に書き加えます。

横書きの返信封筒で担当者名の印が押してある場合

 

「行」を横の二重線または斜めの二重線で消し、「様」は印の横に書き加える。
くれぐれも「御中」を書き加えないように。

縦書きの返信封筒で担当者名や印がない場合

 

「行」を縦の二重線または斜めの二重線で消し、「御中」は「行」の横または下に書き加えます。

縦書きの返信封筒で担当者名の印が押してある場合

 

「行」を縦の二重線または斜めの二重線で消し、「様」は印の下に書き加える。
くれぐれも「御中」を書き加えないように。

 

返信封筒に担当者名が書かれている場合、「宛」や「行」の文字を横書きの場合は横または斜めの二重線で消し、縦書きの場合は縦または斜めの二重線で消す。
「様」を消した文字の下などに書き加える。
この場合「御中」は必要なく書き加えないように。

広告