スマホ/画面消灯時にプッシュ通知しないのは電池の最適化が原因?

スマホを机の上などに置いていて、着信音とバイブによる振動でメールやLineの新着メッセージに気づく。ごく普通のことのはずなのですが、画面が消灯状態のときには新着メッセージを受信しないことってありますよね。

スマホを手に持ち何気に画面を点灯させるのと同時に新着メッセージが。いいタイミングだなと思いながらメッセージを読んだ後に送信時間を見ると、実は1時間以上も前だった。

スマホの調子が悪いのか?それとも格安simに替えたのがいけなかったのか?
いえいえ、実は別の理由があるのです。

(Android向けの記事です)

アプリを最新版にバージョンアップする

わりと頻繁にアプリの更新が行われるので、自動更新をオフにしている方も多いかもしれません。
新しいバージョンに更新した途端に調子が悪くなるアプリがあるのも事実ですが、でも重大な不具合が見つかったのでそれを修正するための更新もよくありますので、まずはアプリの最新版が出ていないかをチェックしましょう。

Google Play→マイアプリ&ゲームをタップするとその時点でアップデートが必要なアプリの一覧が表示されますので、更新しておきましょう。

スマホとアプリの相性が悪い

これも意外に多い原因なのです。
以前から使っているアプリだから新しいスマホでも引き続き使おうとインストールしたけど、なんだか挙動がおかしい、勝手にアプリが終了してしまうなどの症状が出た場合、残念ながらスマホとの相性が悪いのかもしれません。

相性が悪いために通知が遅くなることも考えられます。
特にサードパーティ製のアプリの場合によく起きます。
その場合はGoogle Playで新しいアプリを探してもいいですし、純正ともいえるGmailアプリを使うのも改善策としては効果があります。

スマホの機能による場合

Androidスマホの進化は目を見張るものがあり、省エネ・いかに電池の使用量を減らせるかといった点でも進化しています。
その一つにAndroid6.0から実装されているDozeモードがあります。
Dozeとは居眠りを意味する言葉で、Androidでは画面が消灯したスリープの状態の際にアプリを居眠り(Doze)状態にして電池の消費を抑えるようになっています。
電池を最適化するということはDozeモードにするということであり、画面が消灯した状態ではアプリもお休みさせるために新着通知が行われなくなってしまうのです。

アプリごとにDozeを解除する・7以降

Dozeモードとはスマホのどこを見ても記載されておらず、電池の最適化と記載されています。

設定→「省エネ&バッテリー」→「電池」→ 右上の→「電池の最適化
と進んでいくと、「最適化されていないアプリ」の一覧が表示されます。

最適化されていないアプリ」をタップして「すべてのアプリ」の表示に切り替えます。

Lineの新着通知が画面消灯時(スリープ時)には行われていない場合には

すべてのアプリ」→「Line」をタップし、「最適化する」にチェックが入っているので「最適化しない」にチェックを付けなおします
メールの場合も同様で、お使いのメールアプリを同様に「最適化しない」にチェックを入れておきましょう

端末によって表示される文字が違う場合がありますが、基本的にこのように進んでいきます。

アプリごとにDozeを解除する・Android6の場合

Android6でも基本は同じで
設定→「電池」→選択したアプリ(Lineなど)をタップ→「最適化を無視」をONにする

以上の設定でDozeモードを回避して、画面消灯時でもアプリが居眠りすることなく新着通知がなされるようになります。

まとめ

どんどん進化していくAndroidですが、進化しすぎて使いづらい、マイナス面が出てくることもあるようです。

スマホの画面が消灯(スリープ)しているときにはメールやLineの新着通知がされないというのは、使いづらくてマイナス面が強調される一例だと言えるでしょう。

せっかくのスマホなのに使いづらくなっては意味がありません。
すごく簡単な設定で治すことができますので、ぜひチャレンジしてください。