新幹線は往復割引と途中下車で安く利用しよう

公共交通の切符のルール

JRの基本的な乗車券の制度である往復割引と途中下車。

往復割引は字のごとく、乗車券を往復で購入することで割引が受けられるもので、営業距離が片道601Km以上の場合に行き・帰りともに1割引きされます。

また途中下車とは、A駅からB駅までの乗車券を持っていて途中のC駅やD駅で改札を出ることを言います。

この制度は営業キロが片道101Kmの場合に、後戻りしなければA駅とB駅の間で何度でも改札を出ることができます。

※例外もあります

この往復割引と途中下車をうまく利用して、新幹線を便利に安く利用しましょう。

 

 

往復割引を活用して新幹線を安く利用する

東海道・山陽新幹線ならば「スマートEX」や「エクスプレス割引」、東北・上越新幹線などJR東日本管内ならば「えきねっと」を活用することで安く新幹線を利用することができます。

スマホやパソコンを活用できる人や、事前に新幹線を利用することが分かっている人はこれらのサービスを利用したり、旅行会社が発売している新幹線と宿泊施設がパックになった商品を利用すれば安く利用できます。

しかし会員登録が面倒だったり発売枚数が限定されているなど、滅多に新幹線を利用しない人や急用で利用する人にとっては、意外とハードルが高いのも事実ですよね。

 

駅の窓口や特急券と乗車券を購入できる券売機で乗車直前に購入でき、それで少しでも新幹線を安く利用できるのが往復割引の制度です。

東海道・山陽新幹線だと東京から西明石を超える場合、東北新幹線だと東京から二戸を超える場合、秋田新幹線だと東京から大曲を超える場合、乗車券を往復で購入すれば行き・帰りともに1割引きで購入できます。

東京から西明石・二戸・大曲ともに片道乗車券は9790円。

しかし往復で購入すれば17620円、片道あたり8810円と980円も安くなります(往復で1960円安)

距離が長くなればなるほどお得の度合いはますます上がります。

 

東京から博多:

片道乗車券 14080円 往復乗車券の片道あたり12670円と1410円安(往復では2820円安)

 

東京から函館:

片道乗車券 12430円 往復乗車券の片道あたり11180円と1250円安(往復では2500円安)

 

ぜひ利用したい制度ですね。

 

 

600Km以下でも往復割引を活用して新幹線を安く利用する

距離が長くなればなるほど往復乗車券の割引金額は上がっていきますが、往復割引をうまく活用すれば、600Km以下の駅までの往復でも安く利用することができます。

例えば東京から新神戸までを往復で利用する場合

東京~新神戸は片道乗車券 9460円 営業距離が589.5Kmのため往復割引は適用されません

先ほども書いたように東京~西明石は往復乗車券17620円で片道8810円。

片道あたり650円も安くなります。

東京から新神戸まで利用する場合は、乗車券を先の西明石までの往復で購入しておけば、往復割引が効くので新神戸までの乗車券より安くなるのです。

もちろん新神戸で降りることもできますし、帰りは新神戸から乗車することもできます。

※新大阪までの場合も西明石までの往復乗車券を購入するほうが、片道辺り100円だけ安くなります。

 

 

新幹線を途中下車して安く利用する

これは途中の駅で下車する場合を想定したもので、たとえば東京から広島へ新幹線で行く場合において、途中の新大阪で降りて何か食べるとします。

大阪と広島のお好み焼きの食べ比べとか・・・

 

こういう場合に途中下車の制度を利用します。

営業距離で101Kmを超える乗車券は、出発駅から目的駅の間の任意の駅で改札から出ることができ、その後再び旅行を続けることができる制度です。

※101Kmを超えていても大都市近郊区間相互発着の乗車券や、出発・目的の駅と同じ都市区内では途中下車できないなどいくつかの例外もあります。

 

  • 東京から新大阪まで

乗車券 8910円 特急券 5810円

合計 14720円

 

スマートEX 14520円

EX早特21 11200円

 

  • 新大阪から広島まで

乗車券 5720円 特急券 4910円

合計 10630円

 

スマートEX 10430円

EX早特21 設定なし

 

  • 東京から広島まで、新大阪で途中下車する場合

乗車券 11880円(往復で購入すると片道10690円)

東京~新大阪の特急券 5810円

新大阪~広島の特急券 4910円

合計 22600円 (往復乗車券利用時は片道あたり 21410円

 

東京~新大阪間をEX早特21、新大阪~広島間をスマートEXで乗車すると21630円

往復乗車券と途中下車の組み合わせのほうが少し安くなります。

EX早特21は乗車日の1か月前から21日前までの発売で、発売枚数も限定されているのに対し、往復乗車券は乗車直前でも購入できますから利便性では上ですね。

 

ちなみに東京から広島まで

乗車券 11880円(往復で購入すると片道10690円) 特急券 7560円

合計 19440円 (往復乗車券利用時の片道あたり18250円)

スマートEX 19240円(往復タイプは片道18050円)

EX早特21 14260円

 

特急券には途中下車という制度がないので、新大阪で途中下車する場合は特急券は別々に用意する必要があります。

上記の料金は2022年1月20日現在の通常期の料金です。

 

 

往復割引や途中下車の制度は乗車券のルールで、新幹線だけでなく在来線でも利用できる決まりです。

例で出した東京から広島までの乗車券を、東京から宮島口までとした場合も11880円(往復で購入すると片道10690円)です。

この乗車券で新大阪のほか広島や横川など好きな駅で下車(改札を出る)することができますし、再び宮島口に向かって旅行を続けることもできます。

タイトルとURLをコピーしました