定期券の1ヶ月は30日?発売・払戻しと10日単位の旬数について

定期券の有効日数って月単位になっていますが、2月の末を含むと3日も損するって考えたことありませんか?
実は定期券や回数券の有効日数って日数や月数を単位としたものではないのです。
また定期券を払い戻す際にも発売の時と同じく、日数や月数を基準にはしていないのです。
このページでは定期券や回数券の日にちの数え方に焦点を当てて解説してまいります。

定期券の発売や払い戻しは旬数が基準です

定期券は一般的に1・3・6ヶ月が発行されていますが、1か月定期券は30日3か月定期券は90日6か月定期券は180日を基準に販売されています。
もし厳密に1か月定期を30日間有効として販売すると

例1)2月1日から有効の定期券は3月2日まで(うるう年の場合は3月1日まで)になりますが、実際には2月28日まで(うるう年の場合は2月29日まで)有効として販売されています。
例2)1月1日から有効の1か月定期券は30日間有効の1月30日までではなく、1月31日まで有効となっていて31日間使えます。

よく上旬・中旬・下旬という言い方がされますが、上旬は1日から10日まで、中旬は11日から20日まで、そして下旬は21日から月末までを指していて、下旬だけは10日または11日間で2月の下旬だけ8日又は9日間となってしまいます。

この数え方が定期券の有効日数の素になっており、つまり1か月定期券は3旬の末まで、3か月定期券は9旬の末、6か月定期券は18旬の末までとなっています。
このために2月1日から有効の1か月定期券は3旬の末の2月28日まで、1月1日から有効の1か月定期券は3旬の末の1月31日までとなるのです。

しかし定期券の購入日が必ず月初めになるとは限りません。そこで月をまたぐ定期券の有効日数を計算する場合、すべての月末は30日として計算しているのです。

例3)2月15日から有効の1か月定期券の場合、1旬は2月15日から2月24日までの10日間、2旬は2月25日から2月30日までの6日間と3月1日から3月4日までの4日間を足した10日間、3旬は3月5日から3月14日までの10日間となり、有効期限は3月14日まで。
例4)3月15日から有効の1か月定期券の場合、1旬は3月15日から3月24日までの10日間、2旬は3月25日から3月30日までの6日間と4月1日から4月4日までの4日間を足した10日間、3旬は4月5日から4月14日までの10日間となり、有効期限は4月14日まで。

このように旬数を用いられているのですが結果として
15日から有効の定期券は14日まで
1日から有効の定期券は月末まで
のように

有効期限は通用開始日と同じ日の1日前までとなるのです。

定期券の払い戻し

定期券の払い戻しは月単位での計算となります。

払い戻す定期券の額面から経過月数分の定期運賃と手数料を差し引いた額が払い戻し額になります。
経過した日数は切り上げで月数に含まれ、1か月と1日経過している場合は2か月分の定期運賃が引かれてしまいます。

ただし1か月定期券に関しては、有効開始日から7日以内に払い戻す場合に限って普通運賃×2×経過日数と手数料が引かれて払い戻しされます。

例5)3月25日から有効の6か月定期券を5月24日に払い戻す場合
3月25日からちょうど2か月にあたる5月24日に払い戻すため、2か月分の定期運賃と手数料を差し引いて払い戻します。
ただし2か月の定期運賃は存在しないため、1か月の定期運賃×2と手数料を差し引いて払い戻すことになります。
例6)同じ定期券を1日遅れて5月25日に払い戻す場合
3月25日から2か月とは5月24日まで、このケースでは2か月と1日経過のために3か月経過として扱われ、3か月定期の料金と手数料を差し引いして払い戻します。

ここでもサラッと3月25日から2か月とは5月24日と書きましたが、考え方としては3旬=1か月となっています。
定期券の払い戻しは3旬単位で考えているわけで、1日でも過ぎれば3旬追加といった感じになっているのです。

定期券の区間変更は1旬単位で払い戻してから新規購入

定期券の払い戻しは先に見たように1か月単位(正確には3旬単位)で差し引いて払い戻していますが、例外として1旬単位で差し引き払い戻すケースがあります。

それは定期券を区間変更する場合です。

実際には定期券の区間変更という制度は無いので、一旦払い戻してから新しい定期券を購入するという形になります。

この払い戻しの際には、一般的な3旬単位で差し引く払い戻しではなく1旬単位で差し引いて払い戻しを行います。

1旬当たりの定期運賃の計算方法は日割り運賃×10となります。
1か月定期券は30で割り、3か月定期券は90で割り、6か月定期券は180で割って日割り運賃を算出して、それぞれに10を掛けて1旬当たりの料金とします。
なにせ1か月定期券は30日、3か月定期券は90日、6か月定期券は180日を基準に販売されていますから。

例7)3月25日から有効の6か月定期券を5月24日に区間変更する場合
6か月定期なので所有している定期券の料金を180で割って10倍して1旬の料金を算出します。
3月25日から6旬末にあたる5月24日に区間変更なので、1旬当たりの料金×6+手数料を差し引いて払い戻されます。
例8)同じ定期券を1日遅れて5月25日にに区間変更する場合
5月24日までが6旬で、1日遅れのこのケースでは7旬目に入っているので、1旬当たりの料金×7+手数料を差し引いて払い戻されます。

定期券を紛失し、仕方なく定期券を購入したあとに紛失していた定期券が見つかることがあります(重複購入)
この場合は新たに購入した定期券を払い戻しますが、この時にも旬単位で計算して払い戻すことが一般的です。

定期券の払い戻しに必要なもの

定期券を払い戻す場合には、運転免許証など身分証明書の提示が必要です。
本人以外の定期券を払い戻す場合には、定期券の名義人の同伴または委任状が必要です。
拾ったり盗んだ定期券を払い戻すことがないようにするためです。
会社によっては印鑑が必要なこともありますので注意してください。

また定期券をクレジットカードで購入した場合には、使用したクレジットカードも必要になります。
払い戻しとなる金額はクレジットカード会社を通じて行われるためです。

子供の定期券を購入する際に、保護者名義のクレジットカードを使用することって多いですよね。
定期券の名義人と購入した人(クレジットカードの名義人)が異なる場合には、基本的に定期券の名義人の同伴または委任状がないと払い戻しを受けることができません。
この場合、子供の定期券を払い戻す際には子供と一緒に駅へ行って払い戻すのが基本です。

規則上の話なので、実際には身分証明書を提示することで払い戻しに応じてくれることが多いです。

定期券購入に使用したクレジットカードを解約していたら

クレジットカードで定期券を購入した場合には、払い戻しの際に使用したクレジットカードが必要です。
では購入時に使用したクレジットカードを解約していたらどうなるのでしょうか。

クレジットカードを解約した場合でも、購入時に使用したカード会社を通じて銀行引き落としに指定していた口座へ返金されるのが一般的です。

もしすでに購入時に使用したクレジットカードを解約している場合には、先ず窓口の係員に相談してください。

回数券の払い戻しについて

回数券は3か月有効となっているケースがほとんどで、3か月=9旬と考えるほうがスッキリしますね。
ただし一部の私鉄では購入した月の3か月先の末日としていることがあり、このケースでは3月1日に購入した回数券の有効期限は6月30日と約4か月使用できることになりますし、3月31日に購入しても有効期限は6月30日となり、約1か月もの差が生じることになります。

回数券の払い戻しですが、残っている回数券の枚数(回数)ではなく使用した枚数(回数)を元に計算します。
使用した枚数(回数)×該当する普通運賃+手数料が差し引かれて払い戻されます
このため一般的な10回分の料金で11回乗車できる回数券の場合、1枚だけ残っているケースでは払い戻しはなく、該当する普通運賃が手数料と同じか下回る場合には2枚残っていても払い戻しがないケースも。

なお回数券には区間変更という取り扱いはなく、上記の計算による払い戻しを受けてから(場合によっては払戻額がないことも)新たに購入することになります。

名前には回数券と付いている新幹線回数券ですが、これは回数券ではなく「トクトクきっぷ」という企画乗車券に分類されます。
企画乗車券は有効期間内で未使用の場合に限って手数料を差し引いて払い戻すことになっており、1枚でも使用すると払い戻しは不可となります。
もうすぐ発売が終わる関西では有名な「昼間特割きっぷ」も回数券のようですが企画乗車券であり、1枚でも使用すると払い戻しはできないのです。

回数券とは10回分の料金で11回乗車できる普通回数乗車券や、私鉄で発売されている時差回数券・土日回数券のことであり、それ以外は企画乗車券で払い戻しは未使用の場合に限られるのです。

定期券と回数券の払い戻しについて・まとめ

いかがでしたでしょうか。
定期券は実は旬数が基本になって計算されていて、購入時も払い戻しの時も日数の計算は旬単位となっているのです。
これに対して回数券は普通運賃がベースとなっており、払い戻しも普通運賃を基準にしています。
ただし回数券とはJRの場合は10回の運賃で11回乗車できる普通回数乗車券のみで、新幹線回数券などは本来の回数券ではないのです。

どうしても払い戻さなければいけないこともありますが、できるだけ多く戻ってくるように考える必要がありますし、場合によっては金券ショップに持ち込んで換金するほうが良いケースもあることを覚えておきましょう。

おまけ・学期定期券

一部の学校を対象にして学期定期券というものを発売していて、1学期・2学期・3学期の長さに合わせて発売されています。
4月8日頃の始業式から3か月定期券では1学期をすべてカバーできませんし、6か月定期券では学校へ登校しない夏休み分が含まてしまい不経済ですね。

この学期定期券の料金計算に日割り計算が利用されています。
4月8日から7月20日までを1学期とした場合、7月7日までの3か月定期券に7月8日から20日までの13日分の日割り運賃を加算して発売しています。
3か月定期券に日数を追加となるので、3か月定期料金を90で割って日割り額を算出します。

この日数を調整して販売される定期券は通学だけではなく、会社などが従業員の通勤定期券をまとめて購入する場合にも利用されています。