<その他の公的手続き>

<その他の公的手続き>その他の公的手続き

役所で行う公的な手続きって本当に多いですよね。
以前よりは郵送でできる手続きは増えてはいますが、まだまだ役所へ訪れなければならない手続きって多いです。
またいつどのような手続きを行わなければならないのかも分かりづらいですし。
このように公的手続きの疑問点や知らないを解決することで、届出遅れや届け忘れを防止できれば幸いです。

その他の公的手続き

転出届は郵送でもOK!転入届や転居届は役所で手続きが必要

引越しの時には転出・転入や異動の届けを役所で行います。ほかにどのような手続きが必要でしょうか。国民健康保険や国民年金はどうなる?マイナンバーカードは引越してもそのまま使えるの?引越しに伴う役所での手続きについての説明です。
その他の公的手続き

収入証明書っていったい何?役所や勤務先で発行してもらえるの?

収入証明書について解説しています。収入証明書は課税証明書や源泉徴収票など個人の収入を証明する書類をひとまとめにした呼び名ですが、提出先によって必要な証明書が違いますし証明書を発行する場所も違います。このページは収入証明書を概略で説明しています。
その他の公的手続き

マイナンバーカードの交付を申請する時の注意点などを説明します

マイナンバーカードって持っていますか?今のところ活用する場面は少ないですが少しずつ広がっていきそうです。ここではマイナンバーカードの交付申請の際に交付申請書や通知カードがないなど少し困った場面でのお役立ち情報を記しています。
2020.06.11
知的障害

知的障害者の障害年金の申請-書類の受取・申請から支給決定まで

知的障害のために障害基礎年金の受給をお考えの方に分かりやすいよう、役場の国民年金担当窓口へ行き最初の手続きから年金支給の決定(国民年金年金決定通知書の送付)までの流れを説明しています。
2020.04.21
知的障害

知的障害者の障害年金の申請-病歴・就労状況等申立書の書き方

20歳前傷病による障害基礎年金によって知的障害の方は20歳になると障害年金の申請・受給が可能となります。病歴・就労状況等申立書の書き方で悩みますが、コツが分かれば社労士に依頼しなくても作成できますので当サイトを参考にして作成しましょう。
2019.10.10
知的障害

知的障害者の障害年金の申請-診断書の出来次第で受給の可否が決まる

20歳になると国民年金への加入義務が生じますが、知的障害の場合には20歳になると同時に障害年金を受給することができます。その申請で大事な書類が診断書になります。医師に診断書を作成してもらう上でいくつかのポイントを見ていきましょう。
2020.04.21
タイトルとURLをコピーしました