日焼けしにくい服ってどんな服?正しく選んでUVケアしましょう

日焼け予防には日焼け止めを塗ったり、UVカットの効果がある化粧品を使うことが一般的でしょう。
でも家からちょっとそこのコンビニまで行くのに、わざわざ日焼け止めを塗るのも面倒ですよね。

でも何の対策もしなければ、短時間で焼けちゃうことも事実です。
そこで日焼けしにくい服を選ぶことで、まずはお手軽UVケアを実践していきましょう。

夏は白い服!が実は間違いなのです

夏の暑い時期は白で麻や綿の服を着るのがなかば常識になっていますよね。
実際のところ麻や綿の服を着ると涼しく感じますから。
ところがUVケアの観点からいうと、この選択は大きな間違いだといえるのです。

UVケアからいえば麻や綿の白はダメ

麻って軽い素材で涼しげで夏にはピッタリな素材です。
白い綿のTシャツも夏には欠かせないアイテムの一つですし、黒く焼けた肌には白いTシャツが映えます。

しかし、麻や綿の素材は涼しさという点では良いのですが、実は紫外線をかなり通しやすい素材なのです。
そして白という色は光を反射して紫外線を通しにくいイメージがありますが、じつは反射もしていますがそれ以上に紫外線を通過させてしまうのです。

よく服の下まで日焼けするという現象が起こりますが、これ実は麻や綿の白など薄い色ででできた服を着ている場合に起こるのですよ。

UVケアには黒など濃い色の服を

夏の暑い時期に黒など濃い色の服って正直言って暑苦しいですよね。
でも黒など濃い色のものは紫外線を通しにくく、日焼けしにくい色なのです。
そして素材ですが、蒸れて暑そうに思うポリエステルやレーヨンなどは紫外線を通しにくくUVケアには最適なのです。

黒など濃い色のポリエステルやレーヨンでできた素材、聞くだけ暑そうではあるのですがこれがもっともUVケアを考えた服となるのです。



トップスは黒でボトムスは白

トップスに白の服をチョイスすると、反射によって顔が焼けやすい状態になってしまいます。
スキー場へ行くと真っ白な雪が光を乱反射させて顔が焼けてしまう経験をお持ちの方も多いでしょうが、白い服を選ぶことで同じ状態になってしまうのです。
でも夏に全身を濃い色のコーデにするのは避けたいと思うのは当たり前の感覚ですね。

そこでトップスには紫外線を通過させにくく、そして光を反射させにくい濃い色の服を持ってきます。
そして顔からは遠い位置となるボトムスに白など薄い色を持ってくることで、コーデとしてもUVケア対策としても納得できるものを作り上げることができますよ。

UVカット機能のある服を選ぶ

昨今はUVカット機能のある服がたくさん出ていますし、黒っぽいものだけではなく白など薄い色のものも多くなっています。
ただパーカーやカーディガンといった羽織るものが主体となりますが、どうしても暑い時期に濃い色の服を着るのはイヤ!という方はぜひ選んでみてください。

ファッションを優先させるあなたには

夏に黒っぽい服を着るのはどうしても無理!という方もおられるでしょう。
日焼け止めを使ったりUVケアの効果がある化粧品を使う。
そしてサングラスや日傘、帽子などでお肌を保護すればたしかに効果はあるのでしょうが、ちょっとした外出の時は面倒くさい。

そんなあなたには飲む日焼け止めをおすすめします。



毎日サプリを飲むだけで太陽からお肌を守ってくれるのです。
これならば夏らしい白Tシャツを着て街に出たって全然平気。
あなたのファッションを邪魔したりしませんからね。

日焼け対策はファッションから

日焼け対策として服を選ぶ際には、色や素材に気をつけることが大切です。
夏の定番、麻や綿素材で色は白!が実はもっとも日焼けしやすいファッションなのです。
UVケアを考えればポリエステルやレーヨンで濃い色のものを選ぶのが鉄則。
でもトップスには濃い色を選んでボトムスには薄い色を持ってきたり、羽織るものが多いUVカットのパーカーやカーディガンを白Tシャツの上に着るといったファッションがUVケアとしてはおススメです。
ぜひ参考にしてくださいね。

広告