鼻うがい・鼻洗浄で花粉症を軽減!風邪やインフルエンザ予防にも

鼻から水を入れて反対側の鼻の穴から出したり口から出す鼻うがい・鼻洗浄ですが、何となく「変な行動」に見えるとか「痛そう」といった理由から敬遠する方が多いですよね。
コップに入った水を鼻に入れる動作はまるで、テレビに出ている芸人さんが笑いをとる目的でやっているのと変わらない気がしたり、鼻の奥に水が入るとツン!とした痛さが伝わるので、やりたくないと思うのも分かります。

ところが鼻うがい・鼻洗浄は風邪予防として抜群の効果がありますし、花粉症の予防としても絶大な効果があることをご存知でしょうか。

そもそも鼻水って??

鼻水ってなぜこんなに出てくるんだろう、そもそもどこから湧いて出てくるんだろうって思いますよね?
鼻水は主に鼻腺と言われる部分から分泌されていて、通常でも1日に1.5L以上が分泌されているのですが、無意識のうちに飲み込んでしまっています。

花粉症や風邪などを引くと、異物を体外へ出すために鼻水の分泌が急激に増えます。つまり体の防御反応として鼻水が大量に出るのです。寒い日にラーメンを食べて鼻水が出るのも、熱いと感じたときに鼻の奥の温度を保とうとする防御反応によるものです。

鼻水にはサラッとしたものとドロッとしたものがありますが、花粉などのアレルゲンに対しては白血球や血液の水分なども加わるのでサラッとした鼻水になります。
これに対して細菌などが入ると細菌を殺そうとする白血球のほか最近の死骸などさまざまなものが含まれることで、黄色や青っぽいドロッとした鼻水になります。

ちなみに鼻くそですが、ふつうは鼻水とホコリが混ぜ合わさって固まることでできるのですが、黄色や青や緑の鼻くそは鼻水と同様で細菌やウイルスの死骸などが混ざったものです。

鼻うがい・鼻洗浄は痛くありません

鼻の奥に水が入るとツン!とした痛さが伝わってくることは、プールや頭を洗う時などに経験した方も多いと思います。
これは鼻の粘膜と水とでは濃度の違いがあるために起こる、いわゆる浸透圧というものです。
液体は濃度の低いものが高いものへと移動する性質があり、鼻の場合は水が鼻の粘膜の方へと移動することで刺激痛を感じるのです。

鼻水って鼻から落ちそうになってすすった時でも痛くはありませんよね?これは鼻水や血液などの体液は浸透圧が同じなために痛みを感じないのです。
つまり体液などと同じ浸透圧にすれば鼻に入れても痛くなることはないのです。

さらに鼻に入れる水の温度を体温に近づけることも、痛さを軽減する上で大事な要素となります。
鼻の奥は体の表面温度(36度くらい)より高いために、40度くらいのぬるま湯が最も痛みを感じない温度となります。

鼻うがい・鼻洗浄のメリット・デメリット

鼻うがい・鼻洗浄を行うメリットとして、通常ののどのうがいと違って鼻とのどの境目部分である上咽頭を洗うことができることです。細菌やウイルスや花粉などはのどよりも上咽頭に付着しやすいと言われているので、ここを洗うことができる鼻うがい・鼻洗浄は風邪や花粉症に対して大変有効な予防法であると言われているのです。

鼻の奥に溜まった鼻水を出し切ることができます。

鼻をかんだ場合でも鼻の奥のほうにはドロッとした鼻水が溜まったままになっていることが多く、この鼻水には細菌やウイルスなどが混ざった状態となっています。鼻うがい・鼻洗浄を行うことでこれらの鼻水を洗い流すことができます。
結果として風邪予防にもつながりますし、副鼻腔炎(蓄膿症)を防ぐことにもつながるのです。

のどの痛みを和らげることができます

風邪の初期症状でのどが痛くなる方も多いのですが、その原因の一つに鼻水がのどへ流れるためというものがあります。通常でも流れているのですが、細菌やウイルス、また花粉などによるアレルギー症状によって鼻水が増加するとのどに炎症を起こして違和感を感じるのです。
この鼻水がのどのほうへ流れる量を減らすために鼻うがい・鼻洗浄を行うのです。風邪の引き初めで鼻水が出たり、ちょっとのどが痛くなってきたというときには、この鼻うがい・鼻洗浄はとても有効なのです。

※鼻づまりがひどかったり、のどの痛みがひどくなってからは鼻うがい・鼻洗浄はしないでください。

花粉症の予防や症状を軽減することができます

鼻うがい・鼻洗浄は鼻腔内を直接洗い流すため、花粉やほこりなど鼻の中のアレルギー物質を鼻水とともに排出することができます。特に花粉の飛散が多くなる少し前(2週間くらい前を目安に)から鼻うがい・鼻洗浄を行うと花粉症を予防したり、症状を和らげることができるといわれています。

鼻うがい・鼻洗浄のデメリットは?

逆にデメリットとしては、鼻腔内を洗い流すことで本来持っているバリア機能を失うことがある、本来保護のためにある鼻水も洗い流してしまうことで乾燥状態を招くことがある、そして鼻の奥から水が耳に流れることで中耳炎を引き起こすことがあると言われています。

このため1日に何度も鼻うがい・鼻洗浄は行わないほうがよく、ふつうは1日に1回、多くても1日に2回程度に抑えるとともに、鼻腔内に水を入れるときには「あー」「えー」などの声を発することで耳への流入を防ぐようにします。

鼻うがい・鼻洗浄には生理食塩水を

鼻うがい・鼻洗浄に用いる水は体液と同等にするため、500mlの水に対して塩4.5gをよくかき混ぜた生理食塩水を用います。この0.9%食塩水を用いることで鼻の奥でツン!とくる痛みを防ぐことができます。
水は一度沸騰させてから40度くらいに冷ましたものを使用します。そして面倒ですが毎回使用前に作るようにしてください。

また塩とともに重曹2.5gを混ぜることでさらに痛みを和らげることができ、ネバっとした鼻水をさらに流し出しやすくなります。重曹は食用のものを使用してください。

コップなどに入れて鼻腔へ入れるのですが、慣れるまでは洗浄用の器具がセットになった鼻うがい・鼻洗浄のキットがドラッグストアで購入できるので、そちらを使うのも手軽でいいですよ。





鼻に水を入れるときは中耳炎にならないために

・上を向かずに前かがみで
・鼻へ入れるときにつばを飲み込まない
・「あー」「えー」などと声を出しながら入れていく

また鼻うがい・鼻洗浄のあとは強く鼻をかんではいけません。もちろん軽く鼻をかむのは良いのですが、強くかみすぎると中耳炎になることがあります。

いつ鼻うがい・鼻洗浄をすればいい?

ふつうは朝起床後の洗面の際に鼻うがい・鼻洗浄を行えば忘れずに毎日続けられますね。
家族にも鼻うがい・鼻洗浄をしている姿を見られたくない人は、入浴時にしてもいいですね。
外から帰ってきたときに、手洗いやふつうのうがいとともに鼻うがい・鼻洗浄をすれば、ほこりやごみ、細菌などを洗い流せて良いかもしれません。

花粉症などアレルギー性鼻炎の人の中には“モーニングアタック”といって朝起き抜けにくしゃみや鼻水が止まらない人も多いですが、就寝前に鼻うがい・鼻洗浄を行うことでモーニングアタックを和らげることができるといわれています。

いずれにしても鼻うがい・鼻洗浄のやりすぎには注意してください。
基本的には1日1回、多くても2回までにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?
鼻うがい・鼻洗浄は風邪の予防や花粉症などアレルギー性鼻炎の予防や症状を和らげるのに大きな効果が期待できます。
もちろん副鼻腔炎(蓄膿症)の軽減や予防にも効果がありますし、普段から行っておくことでインフルエンザの予防も期待できると言われています。
40度くらいの生理食塩水を用いれば痛みはほとんどありませんし、市販の鼻うがい・鼻洗浄の洗浄液を用いれば手軽に始めることができます。
風邪・副鼻腔炎・花粉症の予防や症状の軽減に、ぜひ鼻うがい・鼻洗浄を始めてみましょう。