ドライブレコーダーに装着のSDカードは定期的にチェックしよう

あおり運転が大きくクローズアップされた影響で、多くの方が自動車にドライブレコーダーを搭載するようになりました。
多くの方が利用するするようになり出荷台数が伸びてくると機能が向上してきます。画質が良くなったり、前方向だけではなく後方も録画できる機種も登場しています。

しかしいざ事故の場面に遭遇してしまったとき、何も録画されていなかったというケースも多くあるようです。

録画されていなかった原因の大半はSDカードにあります

事故だけではなく、あおり運転をされたときの証拠としても重要になってくるドライブレコーダー。
事件の証拠集めとして、事件現場付近を走行した自動車のドライブレコーダーに映った画像を警察が捜査するといったことも、周辺の防犯カメラのチェックとともに一般的になってきました。

それだけドライブレコーダーの証拠能力が高いことの証明でもあるのですが、いざドライブレコーダーのSDカードをチェックしてみると何も映っていなかったというケースがかなり増加しているのです。

ドライブレコーダーに装着のSDカードは酷使されている

多くのドライブレコーダーは走行中の様子を常に録画し、録画容量がいっぱいになると古い記録の上に上書きしていきます。
つまりSDカードへの書き込みと消去を常に繰り返している状態なのです。

日常的に酷使されるドライブレコーダーのSDカードではエラーが起きやすくなり、全く録画されない事態になってもおかしくないと言えるのです。

SDカードの書き換え回数には目安がある

SDカードによって書き換えできる回数の目安があり、方式によって1,000回から100,000回といわれています。
常に書き換えを行いながら録画しているドライブレコーダーでは、目安とされている回数にすぐに達してしまうことでエラーが起きて録画されなくなるのです。

衝撃を受けた映像は別フォルダに保存しているけども

事故などある一定以上の衝撃があった映像は、常時録画されている映像と別のフォルダに保存されているので消去されないようになっています。

しかし、衝撃の何秒か前から保存されていますよね?

常時録画しておいて、衝撃があった場合にはその何秒か前からの映像を別フォルダに入れるようになっているのですが、SDカードにエラーがあれば常時録画もされませんので、肝心の衝撃があった事故映像なども保存されなくなってしまうのです。

常に録画されるようにSDカードのメンテナンスを

ドライブレコーダーで録画されていない原因の大半はSDカードにあります。
そこで次のようなSDカードのメンテナンスを行いましょう。

定期的に映像を確認しましょう

まずはむずかしく考えずに、ドライブレコーダーできちんと映像が残されているのかを定期的に確認しましょう。

国民生活センターの調べによると、映像が録画されていることを確認したことがない人は44%にも上り、また確認した人のうち映像が録画されていなかったと答えた人は7%にも上ったそうです。
事故やトラブルの際に肝心の映像が録画されていない事態を避けるためにも、定期的に映像が残されていることを確認しましょう。

SDカードをフォーマットする

フォーマットとは初期化という意味です。
記録する際には細かい区分分けが行われ、その区分ごとに記録されていきます。
フォーマットすると記録だけではなく使用後に作られた区分もすべて消去され、購入時の状態に戻すことができます。

SDカードのエラーの多くはこの区分分けされた部分がずれるなどして使えなくなる状態が大半ですので、定期的にフォーマットすることでエラーが起きにくくなるのです。

SDカードを交換する

フォーマットすることである程度の機能は回復するのですが、それでも書き換え回数の目安となる上限を超えてくると寿命が尽きた状態になります。
SDカードによるのですが、長くても3年に一度は交換することをおすすめします。

その他の録画されない理由

SDカードのエラーのほか、次のような理由でドライブレコーダーの映像が録画されないことが考えられます。

電源に関する問題

ドライブレコーダーの電源をどこから取っていますか?
接触不良で正常に電源が供給されていなかったり、ヒューズが切れてドライブレコーダーに電気が来ていない可能性も。

本体の故障

ドライブレコーダー自体の故障があればさすがに映像は残されません。
保証書などとともに購入先のショップまたは販売会社へお問い合わせください。

ドライブレコーダーの性能

ドライブレコーダーによっては動作環境温度の幅が狭いものがあり、車内の温度が低すぎたり高すぎたりすると動作しないものがあるようです。

SDカードの規格がドライブレコーダーに合っていない

ドライブレコーダーによって4GB以上とか8GB以上の容量が必要となっているのですが、この容量を満たしていない可能性があります。

またドライブレコーダーによって求められるSDカードの書き込み速度が違います。
書き込み速度が遅いと正常に録画されなくなるので、求められる書き込み速度またはそれ以上の性能があるSDカードを用います。

CLASSの後の数字が大きいほど書き込み速度が速い CLASS2からCLASS10まで
または
Vの後の数字が大きいほど書き込み速度が速い V6からV90まで

CLASS10とV10の書き込み速度が同等

まとめ

いざという時に活用したいドライブレコーダーが、そのいざという時に役に立たなくて困ったという方が意外に多くおられるようです。
国民生活センターなどへ寄せられるドライブレコーダーに関する相談で、記録に関する相談は年々増加傾向にあるとのこと。
その多くはSDカードに起因する原因だったようです。
ドライブレコーダーではSDカードは酷使され、またほかの機器で使うのに比べて劣化も早くなってしまいます。
マメにSDカードをチェックして、いざという時ドライブレコーダーが役立つ状態にしておきましょう。