通勤・通学定期券をなくした時や区間変更したい時はどうすればいい?

定期券は毎日の通勤・通学で電車やバスなど交通機関を利用するさいにはなくてはならないものです。

もちろん定期券を買わずに毎日普通運賃を払ってもよいのですが、相当割高になるという致命的な欠点がありますから、ふつうは定期券を購入する方のほうが多いですよね。
ところが定期券って1・3・6ヵ月単位で購入することから、落としたり紛失したりして出てこなかったら金額としては相当な痛手を負います。

また引越しや勤務先の変更で別の区間の定期券が必要になった場合、今使用している定期券から区間変更ってできるのでしょうか?

そこで定期券をなくしてしまったとき、区間変更したい時というイレギュラーな取り扱いについてみていきましょう。

定期券をなくした時

最近は見かけなくなりましたが、昔は改札口周辺に定期券の落とし物を知らせる小さな黒板を設置している駅がありました。
今は個人情報の関係からこのようなことはしませんが、昔から定期券を落とすなどして紛失する方が多かったのでしょうね。

駅・営業所・事務所などへ問い合わせる

定期券を落とすなどして紛失した場合、まずは駅や営業所などに問い合わせてみましょう。
いま一部の鉄道会社では落とし物をデータ化して、各駅でパソコンなどを通じて参照できるようになっています。
またそういったシステムがない場合でも、落し物は台帳に記して保管していますので定期券は意外と見つかりやすいはずです。

IC定期券ならば再発行が可能

Suica、PASMO、ICOCAなどの交通系ICカードに定期券を載せている方って相当多いですよね。

これらの交通系ICカードに定期券を載せている場合、紛失したICカードを使用停止にして再発行してもらえます。

購入時に登録した「氏名」「生年月日」「性別」やICOCAでは「カード検索番号」が必要で、身分証明書などと一緒に提示します。

カードの利用停止処置が完了した以降のチャージ額は保証されます。

再発行されたカードは再発行の申し出の翌日から14日以内。
再発行手数料510円と再発行のカードのデポジット500円が必要です。

再発行の手続きはカードを発行した会社に行います。例えばICOCA定期を阪神で発行した場合はJR西日本ではなく阪神の駅で手続きを行います。

なおモバイルSuicaの場合はパソコンで「モバイルSuica 会員メニュー」または電話で「モバイルSuicaコールセンター」(050-2016-5005 8時~22時)に連絡します。

磁気定期券は再発行できません

磁気定期券(紙の定期券)には再発行という制度がありません。
紛失した後も引き続き定期券を利用する場合には、再度定期券を購入するしかありません。

特に通学定期券の場合には学校で通学証明書を発行してもらう必要があるなど、手間がかかるので注意が必要です。

紛失した磁気定期券が出てきたとき

紛失して仕方がなくもう一度定期券を購入したけど、まさかの事態が!
ないと思っていたのにカバンの奥底から紛失したはずの定期券が出てきた。
同じ区間の定期券は2枚も必要ないので、1枚を払い戻ししたい。

この場合は後から購入した定期券が払い戻しの対象になります。
そして一般的な払戻し方法である経過月数単位で差し引くのではなく、経過旬数単位で差し引いて払い戻しとなります。

くわしくは

定期券を区間変更したい

引越しして乗車駅が変わったり、勤務先が変わって別の駅で降りるようになったので定期券を区間変更したい。
そういった方も多いと思いますが、実は定期券には区間変更という制度がありません。
手持ちの定期券を払い戻して、新たに定期券を購入する必要があるのです。

ただしこの場合も経過月数単位で差し引くのではなく、経過旬数単位で差し引いて払い戻しとなります。
旬数による払い戻しはこちらのページに詳細を記しています。

なお通学定期券の区間を変更する場合ですが、学校で通学証明書を発行してもらい購入時に提出する必要があります。
新規での申し込みの扱いになるので、鉄道会社によっては窓口でのみ発行としていることもあります。

まとめ

定期券をなくした場合は交通系ICカードと磁気定期券では扱いが大きく異なるので注意が必要です。
万が一のことを考えるとSuica、PASMO、ICOCAといった交通系ICカードに定期券を載せる方が安心できるかもしれません。
また定期券の区間変更は手持ちの定期券を払い戻してから、新しい定期券を購入し直すという形になります。